« 「森づくりフェスタ植樹祭inわっさむ」盛大に開催 | トップページ | 新たに 「リンク」 »

2015年10月20日 (火)

森づくりフェスタに学ぶ

昔、ニレが繁茂していたことから「ニレの木の傍ら」を意味するアイヌ語「ワットサム」を語源に開村100周年を迎えた和寒町。1,723世帯で3,628人の町が「北海道森づくりフェスタinわっさむ」の開催地として賑わったのは、つい先日だ。町史を飾るに相応しい記録となろう。

一昨年から森林整備に伴う林地残材、木材チップなどを活かしたバイオ事業を展開。公共施設への熱源利用にも力を入れているという。この動きは道内でも増えつつあるが、循環システム構築への方向は、森林機能の重要性と人と自然の共生で住みよい環境づくりを併発する、これが地域住民のもりづくり意識や環境保全への思いに繋がっていくことが期待されると考える。

和寒に住みたい人には、新築木造住宅に200万円、中古住宅には100万円の購入補助する制度で、木材利用を後押しする取り組みも行っている。

下川国有林の「7尺ニレ」を想起させるギター演奏も、和寒のニレに相通ずる話題として、粋な発想だった。

平成18年の台風で林野庁の「森の巨人たち百選」に選ばれていた樹髙27m、直径2mのニレが樹齢300年を一期に倒れた記憶はまだ新しい。これを知った和寒在住ギター製作家・小田島尚人氏が、そのニレ材を活かしたいわばアーチトップギターを製作。これを沼田町出身で元「ふきのとう」メンバーとして、北海道の風景や樹木、緑をテーマにしたたくさんの曲を持つシンガーソングライター・細坪基佳氏が道産材ニレギターを使用して、北海道のトップアーチストが唱う協働ステージが実現した。

こんな洒落た一コマも傑作だった。国内には3台しかない木炭バス。その1台が北海道中央バスにあって、公道を走れる現役の「マキ太郎」バスだ。和寒イベント会場では、地元の木質燃料をエネルギーに参加者の送迎、巡回コースを乗車体験にどうぞ、と言うわけである。

ガソリンに代わるマキで走る代燃車で、後部にガス発生装置を取り付け、マキを燃やして発生する可燃ガスで電気火花を出してエンジンを動かす。

ーなどなど、さまざまな知識や体感で学ぶ機会と考えれば、大勢との新鮮な出会いは改めて大切と痛感させられる。

Basu

Basu2_2


公道を走行できるのは、国内でこの1台のみ「マキ太郎」。

内装も木質化で、雰囲気もなかなか味わい深いおしゃれなバス感触だ

« 「森づくりフェスタ植樹祭inわっさむ」盛大に開催 | トップページ | 新たに 「リンク」 »

植樹祭」カテゴリの記事