« 東京でトドマツの付加価値利用PR展 | トップページ | 秋の勲章/褒章 »

2015年10月31日 (土)

中国木材に天皇杯

 今年が第54回目となる農林水産祭の林産部門で、広島県呉市に本社の中国木材(株)鹿島工場(茨城県)が最高栄誉の天皇杯受賞が決まった。11月13~14の両日、東京で開催の記念式典で受賞する。
 国民に農林水産業への理解を深め、農林水産業者の技術改善・経営発展に意欲を高める、という主旨で昭和37年から実施されているこの祭典で、天皇杯受賞は企業にとって無上の名誉というもの。鹿島工場は
*大型木材船が入港できる輸送の利便性に恵まれており、人乾構造用製材、機械等級製材区分でJAS認定取得。含水率、ヤング係数検査に加えて厳格な品質管理で高品質の構造用部材を生産。
*国産材ラミナの調達拡大、利用拡大などを通して、森林整備に貢献。
 中国木材全体でも、品質管理マニュアルに基づいた各現場への指導と自らの森林所有での一貫経営は、広く波及効果が大きい。
 
今後への方向も、原木直仕入から製材、乾燥、集成、プレカット、バイオマス利用の一貫生産加工システムと合理的な物流システムは、森林に高い経済価値に繋がり、環境保全も含めて、国内森林産業の活性化に繋がるモデル事業と評価されている。
Kamima
天皇杯受賞の鹿島工場(茨城県) 同社HPから

« 東京でトドマツの付加価値利用PR展 | トップページ | 秋の勲章/褒章 »

受賞」カテゴリの記事