« 新たに 「リンク」 | トップページ | 低コスト再造林をめざす »

2015年10月23日 (金)

銘木市・原木市の合同市売

旭川林産協同組合(髙橋秀樹理事長)、旭川地方原木市協同組合連合会が主催する389回銘木市・205回原木市の共同入札が16日行われた。

総量1,080m3を展示した端境期眼前の10月市は、原料不足感が反映した何でも売れる的な市様相で、完売乃至は完売近い樹種が目立った。元落僅かに2.1%から販売量は1,055m3。総平均単価42,909円で4、529万円を売り上げた上々の結果となった。

出品樹種はナラが最多の187m3、メジロ138m3, タモ132m3の3樹種で43%を占め、ほか量的にはセン、ザツカバ、イタヤが続いた。今回は特に国有林材が半数超えの52.3%・568m3の大量出品。単椪物件ではセン主体に多量出品の足寄、はじめ相生、日高、静内、定山渓、幌加内、穂別、生田原、滝上などの生産材、ロット椪は足寄、日高、留辺蘂、静内の4か所からの出品。

本格的な端境期前の買い入れ機会という10月市は、前日の下見でも関係者が熱心に丁寧な検品をする姿が目立ち、入札でも買い意欲は極めて旺盛と映った。

▼主要樹種の最高値は

タ  モ~日高北部管理署の12m×46cm通直の長材が250,000円(落札・カジウラ=愛知) マカバ~石狩管理署の4m×48cmが 850,000円(落札・森ウッド=岐阜)。
            2番の高値は同じ石狩署のマカバ 630,000円(ダイゲン単板=大阪)
セ ン~王子木材緑化の4.2m×52cmが290,000円。
ナ ラ~網走西部署の3m×44cmが144,000円

▼主要樹種の元落率状況 (民材のみ%)

ナ ラ   1.6    
セ ン   1.7
マカバ   0.2
ニ レ   1.7
クルミ   1.2
ホ ホ   2.2
エンジュ  1.0
カツラ   0.7
ザツカバ   0.7
イタヤ       3.1
シ ナ       1.4
ウォールナット、ミズキ、ハンの3樹種は約半数が元。

▼販売結果

官材 ~単椪 409.290m3

        単価・広葉樹 53,233円
                         針葉樹  26,170円
                           合計  50,434円
        売上額   20,642,143円

          ロット椪 159.505m3
                単価・広葉樹   20,893円
                 売上額   3,332,609円

民材~単椪 471.554m3
                単価       44,632円
                 売上額  21,046,476円

▼買上上位5社

①昭和木材    数量 76.361m3     @  64,420   金額  4,919,173円
②ノースティンバー       131.803             29,242           3,854,184
③北日本木材               67.923             64,832           3,766,252
④カジウラ                    31.139           115,960           3,610,577
⑤物林                      104.600             31.733           3,319,233

Photo展示土場

Photo_2マカバ最高値85万円(石狩署)

Photo_3タモ最高値長材12m(日高北部暑)

« 新たに 「リンク」 | トップページ | 低コスト再造林をめざす »

銘木市」カテゴリの記事