« 北海道銘木市開催予告 | トップページ | 「新年交礼会」は木材協会継承へ »

2015年11月15日 (日)

第390回銘木市開催の結果

昭和42年開市から47年目、今回で390回の旭川林産協同組合(髙橋秀樹理事長)主催「北海道銘木市」が13日開催された。
総出品材1,345m3。全体的にみて特に高いというモノもないが、安いということもなしの概ね安定推移。僅か2%の元落ちに買い意欲が反映した格好となった。とりわけ広葉樹資源の有効活用と木材産業の振興という視点を重ねて、年間通じた国有林の官材出品増はありがたいとし、商い観の底上げイコール広葉樹付加価値利用に繋がる流通環境を歓迎している。
今回市の概要はー
[出品材]~官材514m3 (単椪 438m3, ロット椪76m3)
       民材801m3 (単椪  764m3, ロット椪37m3)
       他に外材はタモ主体に僅か30m3
主要樹種内訳(m3)
ナ   ラ     ・ 287
タ   モ     ・ 202
メジロ     ・ 168
クロエゾ  ・ 113
セ   ン     ・ 101
シ   ナ     ・  50
イタヤ      ・ 46
ザツカバ  ・  45
ニ   レ     ・  35
ウォールナット・ 29
クルミ      ・  22
エンジュ   ・ 18
など31樹種
[結果]
官材~
単    椪・
広葉樹単価・46,438円
      針葉樹単価・14,472円
  計        ・38,125円
ロット椪・
広葉樹単価・23,523円
総平均単価・35,967円
民材~
単    椪・広葉樹単価 ・51,279円
ロット椪・広葉樹単価 ・23,758円
総平均単価       ・50,331円
全体の結果~
総平均単価・44,717円
販売額 ・58,855,986円
[主要樹種最高値]
タ    モ (3.6×48昭和木材)          ・買上 天幸木材       189,900円
マカバ (3×46石狩森林管理署)  ・買上 ダイゲン単板 320,000円
セ   ン (2.6×46石狩森林管理署)・買上 昭和木材       356,000円
ナ   ラ (4.2×70日本製紙木材     ・買上 平野木材       135,000円
ニ   レ (2.2×90日本製紙木材     ・買上 平野木材       145,000円
[買上上位5社]
  1. 昭和木材   ・200.465m3 @57,612 ・買上額11,549,115円
  2. 北日本木材・ 81.036m3 @58,783  ・買上額  4,763,527円
  3. 尾田木材   ・148.176m3 @31,072  ・買上額  4,604,054円
  4. 北海道北三・ 43.516m3  @95,350  ・買上額 4,149,238円
  5. 三津橋産業・       95m3  @33,689  ・買上額  3,225,079円
[道外企業の取得]
中部地区を中心に近畿、北陸、関東、九州で
材積/121m3(9.2%)
金額/7,937,308円(13.5%)
平均単価/65,452円
2 展示会場
356000
今回市の最高値セン356,000円(石狩署出品)
253900
セン2番目高値253,900円(十勝東部署出品)

« 北海道銘木市開催予告 | トップページ | 「新年交礼会」は木材協会継承へ »

銘木市」カテゴリの記事