« 秋の勲章/褒章 | トップページ | 第390回銘木市開催の結果 »

2015年11月 6日 (金)

北海道銘木市開催予告

第390回北海道銘木市(主催・旭川林産協同組合=髙橋秀樹理事長)が11月13日(金曜日)、市内永山の銘木会館で開催される。
冬場最盛期を控える直前市から、総出品材は
 椪数 /     1,648 口
 本数 /     4,480 本
 材積 /1,345.523 m3
内訳は
*官材(札幌、帯広、旭川、北見)
単椪物件  椪数 /      389 口
        本数 /    1,070 本
                材積 /438.414 m3
ロット物件 椪数 /       16  口
                本数 /  1,070  本
                材積 / 75.998  m3
 
* 民材
単椪物件  椪数/   1,240  口
                本数/   2,691  本
                材積/ 793.367 m3
ロット物件  椪数/        3  口
                本数/     262  本
                材積/  37.744  m3
このほか、外材がタモを主体に47m3,全体の3.5%.
来月からはやや本格的な展開、そして年初1月から3月にかけては途中、注目の東大演習林材の出品も含めての最盛期となるその前哨戦が今回市となる。
セン、メジロに良材あり、イタヤの楽器適材、シナの合板用材、太目材のウォールナット、イチイの直材、113m3クロエゾなどが特徴。
主な樹種の出品数量
  • タ   モ /  210.5m3  (15.6%)
        セ   ン /  108.2m3     (8%)
  • ナ   ラ /  327.3m3 (24.3%)
  •  
  • ニ   レ /    35.2m3   (2.6%)
  •  
  • ザツカバ/  486m3   (3.6%)
  • イタヤ /    48.3m3   (3.6%)
  •  
  • シ   ナ /    52.6m3   (3.9%)
  • メジロ  /  221.3m3  (16.4%)
  •  
Photo_2
最盛期を控える時期の展示会場は、例年雰囲気も様変わり・・・

« 秋の勲章/褒章 | トップページ | 第390回銘木市開催の結果 »

銘木市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋の勲章/褒章 | トップページ | 第390回銘木市開催の結果 »