« 北日本木材の人事 | トップページ | 鏡開きでスタートした北北海道の森林産業界 »

2015年12月27日 (日)

木の文化で町づくり・・・当麻町

北北海道圏内で「森林と木材」を反映した町づくり、といえば象徴的な存在が下川町。全国にその知名度を広げているが、ここ数年前から当麻町が「木の文化で町づくり」を詠い、公共建築物を主体に、積極的な施策推進が話題となって視線が向けられてきた。

町長の感性一つ、といったことが地域の振興、発展にクローズアップされている形で、古くからの地域産業である農業に加えて、今度は「森林・木材の文化が当麻を創る」とでもいうが如き発信力は、注目と期待が高まる。
その当麻町が今度は13億円の事業費で木材を主材とする役場新庁舎建築の方針を公表した。

町政の推進に地元森林組合の機能をフルに活かした地産地消の考え方で、これまでに公営住宅の木造化を複数の団地で推進しているのを始め、保育園の大断面構造採用や公民館の木造化新築などで、林野庁長官賞を受賞するなど、さらには町内への移住者に対する新築住宅への250万円の提供による住民拡大施策を展開。100万円以上の「ふるさと納税」への返礼品には、ミズナラで製作した高級椅子を贈るなど、目的に適切となれば積極的に木製品特化ともいってよい「木材文化」が登場する。10点用意した納税者への返礼ナラ材椅子も、本州の人も含めて人気は上々だと聞く。

現在の3階建て庁舎とほぼ同規模とされる新庁舎は、木造木質化で町のシンボリックな存在となる模様。一般財源に基金や町債などでまかなわれる建築は、新年春頃に住民への経過説明会を持ち、再来年の着工を目指すという目標の模様だ。
Photo
老朽化の左側・現庁舎が新庁舎となる。
(右端は木造化で完成ほやほやの公民館)

« 北日本木材の人事 | トップページ | 鏡開きでスタートした北北海道の森林産業界 »

木材需要」カテゴリの記事