« 下川町が地方創生セミナー・東京で開催  | トップページ | 北海道銘木市旺盛な買い気で盛会 »

2015年12月13日 (日)

12月の北海道銘木市は18日(金)

旭川林産協同組合(髙橋秀樹理事長)が主催する「北海道銘木市」・12月18日(金)に開催の第391回は、総本数9,742本、椪数にして3,156口、総材積2,765m3を展示する銘木会館で行われる。16日と17日の二日間は、参加者の下見検品。
  • 展示材内訳
  • *官材~単椪  広葉樹 483.388m3
                          
    針葉樹  10.574m3
                             
    計    493.962m3
               ロット椪広葉樹164.949m3
  • *民材~単椪  広葉樹2,032.470m3
                         
    針葉樹    27.445m3
                            
    計    2,059.915m3
                   ロット椪広葉樹   46.174m3
  • 国有林の管理署別出品数量は、空知14m3, 石狩48,3, 日高南部82m3, 日高北部96m3,      十勝東部105m3, 十勝西部15m3, 十勝西部東大雪4m3. 網走西部159m3, 網走西部紋別18m3, 網走南部23m3, 網走中部44m3, 上川北部15m3, 留萌南部20m3, 留萌北部16m3,
*外材~全体の10%・48m3で、ロシアタモ26m3, ウォールナットなど22m3。
特徴としては、太目のマカバ材、セン、ニレ、イタヤ、メジロの良材。シナに経木適材、イチイの直材など。

« 下川町が地方創生セミナー・東京で開催  | トップページ | 北海道銘木市旺盛な買い気で盛会 »

銘木市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 下川町が地方創生セミナー・東京で開催  | トップページ | 北海道銘木市旺盛な買い気で盛会 »