« 394回北海道銘木市~25日開催 | トップページ | 惜しまれながら林野へ・・・「内田道局次長と北海道」寸描 »

2016年3月29日 (火)

第394回北海道銘木市の総売上額1億6,108万円

27年度の最終市となる394回目の北海道銘木市(主催・旭川林産協同組合、髙橋秀樹理事長)が25日、銘木会館で行われ、3,394m3を展示して単椪・ロット椪を含む総平均単価49,510円、1億6,108万円を売り上げた。


官材は下川町の125.895m3、あとは民材。外材はナラ外で60m3。
Dscn91421_4
第1展示場
 
Dscn913911_3
第2展示場
 
Dscn91451_2
 
全体としては前月の2月市に準じた展開だが、高値終始となったタモの77,735円は、前月比4割強、マカバの182,618円も同様に4割強の高値となった。ナラ、ザツカバ、メジロなどは逆に前月比下回ったものもある。

タモ、セン、ナラ、ニレ、クルミ、カツラ、ザツカバ、シナ、メジロは元落も1~3%と低位、順調な売れ行きと見ていい。
 
道外の取得状況は、数量396m3(12.2%)、単価は91,272円で九州の140,983円が最高。続いて近畿12,564円、中部89,520円、北陸24,263円。

 
結果の詳細は以下に表示~
Photo_8
 
Nipping_3
 
Photo_4

Nipping_5
 
Photo_10
最高値セン・338,000円
Photo_11
最高値ナラ・298,900円
Photo_12
最高値マカバ・689,000円

 
■16年間、市売り部門現場担当を勤めてきた菅原道弘参事が3月末で定年退職。4月の新年度市からは、後任に池田常雄氏が課長として就任し、担当する。
 

« 394回北海道銘木市~25日開催 | トップページ | 惜しまれながら林野へ・・・「内田道局次長と北海道」寸描 »

銘木市」カテゴリの記事