« 総会シーズン | トップページ | 395回北海道銘木市・・・売上額は1億2,072万円の大台 »

2016年4月23日 (土)

28年度初回の北海道銘木市・・・3,040m3を展示開催

年度変わって初回市となる第395回北海道銘木市(主催・旭川林産協同組合=髙橋秀樹理事長)は28日、総出品量3,040m3を展示して行われる。予想を上回る数量の終了は、午後4時頃までの予定。

年度初市は旭川林産組合と旭川地方原木市協連合会の共同市として開催される。


■出品材
*官材~石狩署44m3(定山渓)、空知署35m3(芦別)、十勝東部署38m3(陸別)、留萌北部暑75m3(初山別)の計192m3。うち単椪が128m3,ロット椪64m3。

*民材~単椪2,611m3,ロット椪237m3。

*外材~タモ100m3,ナラ62m3、その他ウォールナットなど49m3の計211m3。全体に占める比率は6.9%。

官材はタモ、メジロに、民材はクルミ、メジロにそれぞれ良材含む。


■展示材の内訳
ナラ1,106、タモ 630、メジロ347、セン166、イタヤ115、ホホ89、ザツカバ79、
クルミ78、シナ70、カツラ53、ニレ41、エンジュ23、サクラ24、マカバ11、アサダ14、広葉樹その他118


 

« 総会シーズン | トップページ | 395回北海道銘木市・・・売上額は1億2,072万円の大台 »

銘木市」カテゴリの記事