« 山菜料理コンクール・・・山の恵み6次産業化へ | トップページ | ものづくり技術と美しさ・・・「家具デザインウイーク」でPR »

2016年6月29日 (水)

第397回北海道銘木市~売上2,437万円也・・・夏休みへ

 706.519m3展示して行われた北海道銘木市(主催/旭川林産協同組合=髙橋秀樹理事長)・・・夏場期入りの原木事情は、季節的な背景に関わる生産減の北海道事情から、市売事業にとっても厳しい時期となるのが常。実行委員会関係者の集材の仕事も、苦戦の鼓動が伝わる。

6
Dscn9220
 
  石狩・日高北部・十勝西部・十勝東部の4管理署からの官材188.349m3、外材の34m3を含む今回の出品材。約1割の元落から、販売総量は633m3。平均単価38,474円で総売上額2,437万1,582円とした。

 特徴的なのがタモの展開。僅か1%(前月9%)の元落で、完売といっていい状況を見せたことだ。このほか ナラが6.8%, イチイ6%, イタヤ5.2%, シナ7.9%などが一桁台元落となったが、セン、ニレ、イタヤが前回市対比で半数%以下の元落率と善戦。カツラも価格的には高値に終始。日高北部暑の銅賞付きマカバが、全樹種の最高値となって33万円也。

 道外企業の取得状況は、全量の約2割を平均単価82,712円で取得。その大半は名古屋、岐阜など中部地区で占めて平均単価は80,691円。


6月市の結果一覧、下記の通り~


1_2
 
2_2


Photo_5


4_3

 
Photo_7
 
銘木市は7月、8月の2か月間夏休みに入り、次回開催は9月16日(金) 。
 
 
 
 

« 山菜料理コンクール・・・山の恵み6次産業化へ | トップページ | ものづくり技術と美しさ・・・「家具デザインウイーク」でPR »

銘木市」カテゴリの記事