« 北海道銘木市~5月市は総平均単価 37,045円也 | トップページ | 売上10億1千万円・昨年度の北海道銘木市実績 »

2016年6月 5日 (日)

林産試験場・伊佐治主任が栄誉の受賞

   道立総合研究機構 森林研究本部 林産試験場性能部保存グループ 伊佐治信一研究主任の「塗装木材の凍結融解に対する抵抗性と積雪寒冷地における耐候性予測方法に関する研究」が高く評価され、このほど公益社団法人日本木材保存協会(今村祐嗣会長)の「木材保存学術奨励賞」を受賞した。北海道では7年前に同試験場の宮内輝久氏が受賞以来、2人目。

Isazi
今村会長から受賞の伊佐治主任

 今回受賞の研究は~

①屋外用塗装の凍結融解についての抵抗性の有無を、屋外暴露試験や凍結融解試験を行って調べ、多くの塗料については抵抗性を有していること、柔軟性の低い塗膜を形成する塗料については、凍結融解作用の影響を受けやすい。
②積雪寒冷地域で利用される塗装木材の耐候性能の予測に適した耐候性予測試験方法として、従来から行われている光照射と散水の繰り返し処理に、凍結融解処理を組み合わせる方法を提案し、屋外暴露試験との相関性が向上する。
~という二つの成果が明らかにされた。


 木材の高耐候化をはかる必要がある木材保存の分野に、大きく貢献する研究業績。その背景は~

*木材を屋外で利用する際は、材の表面を劣化から保護するために塗装が必要な場合が多い。近年では塗装の場合、臭気や揮発性有機物低減のため、多く使われるようになってきた水性塗料には水を含むことで塗膜の耐水性や耐候性に不安視のむきがあり、知見の蓄積が必要とされていた。

*積雪寒冷地で屋外に曝された塗装木材は、水分の負荷が大きくなる、凍結融解作用の影響を受けやすい環境での性能が明らかになることが、関連業界から望まれていたなかで、今回の研究では「多くの塗料に抵抗性を有している」ことが明らかになり、中には凍結融解作用で塗膜劣化が早く起きる塗料の存在、一方柔軟性ある塗膜を形成する塗料は,凍結融解の影響を受けにくいことも明らかになった。

*こうした知見を耐候性予測に反映のために検討した促進耐候性試験方法。主に光照射と水分の負荷を与える促進劣化処理に凍結融解処理を加えることで、屋外暴露試験との相関性が向上することを明らかにした。


~ということで「多様な気象環境で利用されることが想定される木材製品の塗装仕様を検討していく上で、有用な知見と考えている」としている。

« 北海道銘木市~5月市は総平均単価 37,045円也 | トップページ | 売上10億1千万円・昨年度の北海道銘木市実績 »

受賞」カテゴリの記事