« 蓄膿症・・・広葉樹「キハダ」の存在感再発見 | トップページ | 森林の世界へ・・・大勢で賑わった「森林の市」 »

2016年7月25日 (月)

楽しく学ぶ「木になるフェスティバル」のいち日

  今年で25回目の北海道立総合研究機構 林産試験場と北海道林産技術普及協会が主催する  『木のグランドフェア』。
  期間中、3つのイベントが繰り広げられるその一つ、好天の23日林産試験場で開催された「木になるフェスティバル」は、説明と実演、自由な工作などを通して訪れた大勢の家族連れが木の科学を楽しんだ。

「北海道は50年も60年も前から植樹が行われて、今では一人当たりの森林面積は全国一。みなさんに北海道の木を使っていただくための試験や研究の仕事をしているのが林産試験場です。木にふれて楽しくいち日を過ごしてください」
・・・参加者に分かりやすく菊地伸一場長の挨拶、続いて行われた代表による正角製材カットのオープニング。

*間伐材で箸づくり
*キノコを収穫しよう
*熱いぜ バイオマス
*性格占い?真っ直ぐ割れるかな?
*輪ゴム鉄砲で商品ゲット
*(大人向け)木の内装 どう思う?
*合板ができるまで
*オリジナルしおりを作ろう
*木をつぶしたら・・・
*木っ端で遊ぼう~自由工作
*羽根をつければ竹トンボ
*木材の3D加工
*木はすごい こんなものできたよ
・・・など、実演と体験型の企画は好感を呼び、どの催事会場でも楽しそうな親子家族の姿がみられた。

 

2,3を画像で紹介~

 

2
会場入り口ではキャラクター「芽森(めもりー)」がお出迎え。
手のひらをハート型にして、森を大切にする心を表し、にっこり笑った笑顔で森づくりを応援する姿を表現。1本の芽から豊かな森への願いで名付けられた。北海道で開催の第58回全国植樹祭シンボルマークで、後々イベントに登場して森林づくりを応援。
 
 
1
オープニングは地元小学校2校の代表生徒と菊地場長、髙橋範行林産技術普及協会長4名の正角製材カット。小学生はおじさんの手助けうけてゴシゴシ・・・
 
 
3
すべて木づくりてっぽうと景品。ゲーム感覚で子どもの人気を呼ぶ。木の重さや色を学ぶ・・・
 
 
5
 
4
「タモギタケ(上)、シイタケ(下)のできるまで」を学んだあとに収穫体験。子どもも大人も試験場職員の即席きのこ汁にご満悦。
 
 
6
間伐材を箸に変身・・・自然系塗装で仕上げれば、なんとも粋な出来映え。
 
 
7
木片や合板などで好きなもの・・・自由工作広場は好評の満員御礼。
 
 
  これら『木のグランドフェア』の企画には、上川総合振興局、北海道教育委員会、旭川市、旭川市教育委員会、旭川木材成壮年協議会、旭川地方木材協会、北海道新聞社ほか朝日・読売・毎日・日本経済の各新聞社、FMりべーるが後援している。
 
 
 

« 蓄膿症・・・広葉樹「キハダ」の存在感再発見 | トップページ | 森林の世界へ・・・大勢で賑わった「森林の市」 »

催事」カテゴリの記事