« 第397回北海道銘木市~売上2,437万円也・・・夏休みへ | トップページ | 「木のグランドフェア」・・・7月23日開幕 »

2016年7月 4日 (月)

ものづくり技術と美しさ・・・「家具デザインウイーク」でPR

 これまでの「家具産地フェア」スタイルを一新して開催された「ASHIKAWA DESIGN WEEK(旭川デザインウイーク)」・・・主催の旭川家具工業協同組合は、出展家具や多様なイベントを通して、ものづくり技術の高さとデザインの美しさを発信した。


  主会場となる家具開発センター。入り口周辺の空間を活かした圧巻の立体的オブジェが、臨場感あるデザインの世界へとひときわ人目をひく。幻想的な効果を生む空間は、パリに事務所を構えて活躍する北海道東海大学出身・田根剛さんの作品。
 椅子のパーツを100本からのワイヤで吊り下げ、製造の仕組みやデザインの美しさ、加工技術が複相的イメージで繋がるように構成された知的さがひときわ人目をひいた。

Photo
    幻想的なオブジェ


 49家具メーカーの斬新さをアピールする新作の数々。
主流はミズナラが圧倒的だが、タモ製品が多かったのも印象的。そのほかにはニレ、クルミ、サクラ、ブナ、イタヤ、キハダ、チェリー、ウォールナットが素材となった製品群。北海道立総合研究機構 林産試験場が市工芸センターと連携で研究のシラカバ家具紹介も、新たな取り組みとして注目された。

 今年の企画構成が、より多くの方々に「ものづくり」の高いレベルを肌に感じとっていただくために~

*道内30名の工芸作家の作品による「北の暮らし工芸展」
*製作工程を解説する参加27メーカーの「工場見学ツアー」
*「国産材家具サミット」
*デザイン・インテリア関連誌編集長の「トークセッション」

など期間中のイベントを取り入れたことも大きな特徴。


 イオンモール駅前で開かれた「国産材サミット」には、大手家具、インテリア関係のカンディハウス(旭川)、ワイス・ワイス(東京)、天童木工(山形)、飛騨産業(岐阜)、カリモク家具(愛知)5企業から担当者が参加。国産材と輸入材の問題をはじめ、旭川家具組合のタグをつける道産材家具、木材曲げの成形合板技術を最初に取り入れた天童家具などの紹介などに関心が集まった。
 
 バスで巡る工場ツアーも、普段はなかなか体感できないことから参加者多数で盛り上がった。


Dscn9254
主会場展示の一部
 
Dscn9250
椅子の合格・非合格を分かりやすく解説する
 
Dscn9255
カバ・セン・カタスギ・クリなどのテーブル原板

« 第397回北海道銘木市~売上2,437万円也・・・夏休みへ | トップページ | 「木のグランドフェア」・・・7月23日開幕 »

家具」カテゴリの記事