« 「北海道銘木市」~前月比軒並み単価好転へ | トップページ | 「開設50周年」北海道銘木市~冬場の最盛期へ »

2016年10月24日 (月)

5輪・パラリンピックへのCLT(直交集成材)活用問題

 2020年東京で開催される世紀の五輪・パラリンピック・・・予算や会場関係の話題が連日賑わすも、諸施設への膨大な資材に目を向ければ、関連各業界の期待感は自ずとヒートアップ。

 国土の67%、約2,500万ヘクタールの森林国・『木の文化』象徴の日本に相応しい「緑と木材」の自然観溢れる施設を期待する国民の思いは大きく広がっている。
 
新建材CLT=直交集成材もその一つ。

石破前地方創生担当大臣が会長を務める地域活性化を目ざす自民党議員連盟も、関連施設のあらゆる場面にCLTを活用してもらいたいと、五輪担当大臣に申し入れたと聞くが、「ふんだんに木材を使うことは間違いない」という担当大臣の意向が示されたことは、心強い限り


 日本CLT 協会はいま、加盟309会員というからここ1,2年で急増した。
正会員は北海道の協同組合オホーツクウッドピアなど183社、一般賛助会員50社、特別賛助会員は大学のほか北海道林業木材課、道立総合研究機構林産試験場など行政・試験研究機関68機関。超急増ぶりはCLTへの関心の高さを物語っているといえよう。


 18都道府県と40市町村が参加した 直交集成材を推進する首長連合会も発足。建築学会のCLT建築技術に関する研究も、活発化の状況が公開されている。

  ことのほか強度、耐久性に優れるCLT・・・マンションや公共施設、商業施設などに欧米では普及が進んできているといわれるが、今後は民間を含めた利活用が、地方創生の一つの切り札ともなって普及が期待される。
 
(参考)敬称略

「CLTで地方創生を実現する議員連盟」
会長~石破茂
会長代行~中谷元
会長代理~古屋圭司
顧問~伊達忠一、世耕弘成、鶴保庸介、山本有二、林芳正、遠藤利明ら15名
副会長~小泉進次郎、吉川貴盛ら11名
幹事長~吉野正芳
 
Photo
地方創生への切り札の一つ「CLT」
(写真・日本CLT協会HPより)

« 「北海道銘木市」~前月比軒並み単価好転へ | トップページ | 「開設50周年」北海道銘木市~冬場の最盛期へ »

木材需要」カテゴリの記事