« 「開設50周年」北海道銘木市~冬場の最盛期へ | トップページ | 冬場新材期迎えた銘木市~総平均単価52,444円也 »

2016年11月11日 (金)

「広葉樹資源と利用」の情報交換会~11月18日開催

 北海道の貴重な広葉樹資源・・・その利用について現況と課題、今後に向けた展望を関係団体と共に考える情報交換会が、旭川木材青壮年協議会(村山恵一郎会長)の企画で今月18日の金曜日、旭川リサーチセンター(緑が丘東1-3)を会場に18時から約2時間の予定で開催される。


 戦後の経済復興にともなって北海道のナラ、タモ、セン、ウダイカンバなど良質の広葉樹は、イギリスをはじめヨーロッパなどの市場へ「インチ材」として向けられ、輸出インチ材が花形産業を呈した時代が昭和40 年代まで続いた。


 その記録の中には、当時の等級単位でFAS(特等)、NO1(1等級)といった広葉樹材の刺身部分とされる上級材にストリップ、パーケットなども合わせて「北海道から年間輸出高62万石」(当時の単位)という膨大な実績が、広葉樹史に記録されている。


 国内でのインチ材輸出といえば、北海道の広葉樹資源が北海道とりわけ北北海道の有力広葉樹専業メーカーを中心にして、北北海道をはしりに北見、東北海道、札幌各地の輸出インチ材協同組合設立に繋がり、統括する北海道輸出インチ材協連合会誕生に至った。


 外貨貢献にひと役も広葉樹資源の“過伐”がもたらした資源の減少。林野庁も生産から育成へ、林政の転換を打ち出して久しい。成長期間がひときわ長期に及ぶ広葉樹は今、静かに連年生長への道を歩み続けている。



 今回の情報交換会は、その意味で時宜を得たテーマだ。
*「森林林業の動向」について・・・上川中部森林管理署・飯塚淳署長
*「クラフト・工芸品の木材利用」について・・・木のモノ組合・髙橋秀寿副会長
 
両氏の話題提供のほか、木材青壮年協議会・村山会長が『丸太流通はこれからも山元土場からの直送が主流と考えているが、木材利用のユーザーへ、もっと柔軟に対応できることはないだろうか』とし、「丸太流通のあり様とユーザーへにどう繋がっていくのか」といった視点で、話題を提供する。



情報交換会への参加希望者は、同協議会事務局の
電話~0166-25-4346番
FAX~0166-25-4652番へ
Dscn9625
主催者の会旗
 

« 「開設50周年」北海道銘木市~冬場の最盛期へ | トップページ | 冬場新材期迎えた銘木市~総平均単価52,444円也 »

広葉樹」カテゴリの記事