« 裾野を広げるバイオマス産業の話題から | トップページ | 「北海道支店」を札幌へ移転・・・イワフジ工業 »

2017年2月26日 (日)

2月の銘木市~@44,411 売上額は1億3,438万円

  第403回北海道産銘木市(主催・旭川林産協同組合=髙橋秀樹理事長)が24日、銘木会館で開催された。
  冬場新材最盛期も、展示材は森林資源の実情反映で小ぶりの感。ロシア、中国の先行きなど考慮してか積極的な買い意欲も、現物熟慮の適正価格の姿勢が伺えた応札会場のいち日。道外企業の状況がこれまでと若干異にした1割強の取得に止まったのも、一つの特徴。
 
目玉となる物件も銅賞付きがナラ、セン、マカバの4口と少なく、いずれも最高値の結果に繋がらなかった。最高値はすべて民材。
 
 
(下記画像・表はクリックで拡大する)
 
Dscn9789
Dscn9792
 
Photo
Photo_2
 

« 裾野を広げるバイオマス産業の話題から | トップページ | 「北海道支店」を札幌へ移転・・・イワフジ工業 »

銘木市」カテゴリの記事