« 「よみがえった大雪山系の森林」・・・イチ読の勧め | トップページ | 多発する「かかり木死亡災害」の実態に危機 »

2017年4月30日 (日)

29年度初回の北海道銘木市・・・総平均41,073円

 4月28日開催の旭川林産協組(髙橋秀樹理事長)主催「405回北海道銘木市」~冬場新鮮材の最盛期を経て、出品材の全体感もそれなりの時節を映した物件が並ぶ。
 官材は十勝東部署の359㎥のほか上川南部、日高北部、渡島、胆振東部、空知、石狩、上川北部の8署で586㎥。
 外材はナラ、ウォールナットなど83㎥=全体比3.4%。
Photo
第一展示場・民材の一部
 
 
Photo_2
同・官材の一部
 
 
 
Dscn0007
 
 
 結果は、元落4.9%から販売総量2,316㎥。
前回3月市に比べて、単価的にはカツラの約2倍のほかシュリ、シナなど軟材系統に高値があったがナラ、タモなど主要広葉樹は総じて物件相応の出来値(道内応札業者の声)。ザツカバは前回同様ながら、メジロの方は4,000円安。
 総平均単価は前回比11,000円余下回った。
適材不足は道外企業の取得量に当然比例の形で、中部・近畿・北陸合わせて数量は243㎥=10.5%。前回単価の114,000 円も今回は約72,700円。
  • 結果概要
00000
 
Photo_4
 
 

« 「よみがえった大雪山系の森林」・・・イチ読の勧め | トップページ | 多発する「かかり木死亡災害」の実態に危機 »

銘木市」カテゴリの記事