« 北海道森づくり研究成果発表会・・・4月19日に開催 | トップページ | 「よみがえった大雪山系の森林」・・・イチ読の勧め »

2017年4月11日 (火)

旭川木青協は、今・・・

 次世代の木材業界を背負う経営者、リーダー達の登竜門とも言える略称「木青協」・・・旭川木材青壮年協議会は、新年度の新体制と活動方針などを打ち出した。


 2年後には設立60周年を控え、歴史と伝統を集約する節目の通過点として「緑化活動」と「先進地視察研修」の2大事業を企画する。青壮年の英知結集は、斯界にも少なからずの存在感を形で示してきたといえる。


Photo
村山前年度会長
 

   身近に見るここ2年間は、村山木材専務村山恵一郎氏が名会長で纏めてきた。
北北海道北辺は枝幸に本社も、木青活動拠点の旭川間往来はご苦労見て取れるが、成果は高い評価を受ける。




 とりわけ新たな「会員の増強」と「移動例会」の実現が特筆。
*構成する会員は種苗・造林・素材生産に、木材利用では製材・集成材・建材・プレカット・製材木工機械など、森林産業界の各業種網羅と言うべきかいわゆるカスケード構成を拡大した。



*枝幸・中川町を会場に実施した昨年の遠隔地移動例会などは、メンバーの信頼感と会長がいう連帯意識の集約された姿ではなかったか。
 関係官庁や木工芸関係者を交えた「新たな森林・林業基本計画による施策の方向」「広葉樹資源の利用」を主題にした情報・意見交換会も、新鮮味を発信した取り組みと映る。



 木青協ベテランOBである旭川・齋藤工業所専務・齋藤光久さんのお馴染みブログ『材木屋の日記』で「後輩たちの成長ぶりが眩しく すがすがしくも感じる」と、総会時の模様を伝え「これからも見つめ続けていきたい」と、先輩の気持ちを綴っている。
  • 今年度は、村山会長から伊藤新会長に引き継がれ、新たにスタートした。
~新役員~
  • 第43代会長・・・伊藤 伸太郎 (東邦木材工業 専務取締役)
  •  
  • 副会長・・・吉澤 秀之    (三立木材       代表取締役)
  • 副会長・・・髙橋 謙太郎 (昭和木材       取締役製造品部長)
  •  
  • 理  事・・・三好 秀市    (三好木材店    専務取締役)
  • 理  事・・・小日向 直人 (小日向商会    常務取締役)
  • 理    事・・・安藤 啓太   (安藤山林緑化 代表取締役 )
  •  
  • 監    事・・・上田   毅     (アサノ     営業部次長)
  • 監    事・・・髙原 昌央     (北日本木材    取締役営業企画担当)
Photo_3
「決意・協力を・・・」伊藤新会長

« 北海道森づくり研究成果発表会・・・4月19日に開催 | トップページ | 「よみがえった大雪山系の森林」・・・イチ読の勧め »

木青」カテゴリの記事