« 旭川木青協は、今・・・ | トップページ | 29年度初回の北海道銘木市・・・総平均41,073円 »

2017年4月14日 (金)

「よみがえった大雪山系の森林」・・・イチ読の勧め

 北海道で2、700万㎥の風倒木被害となった大事変から半世紀。
その記録を分かりやすく収録したパンフレットが、上川中部森林管理署で作成された。
 
 
 昭和29年9月26日夜半の大被害から今日まで半世紀・・・見つめ続けてきた[啄木鳥]には、集約された一冊が貴重なデータと映り、熟読させていただいた。皆さんにも一読をお勧めしたい。
 
 
 当時の旭川営林局1,245万㎥の被害は、道内では最大規模。その半数が上川営林署層雲峡地区の原生林。今は上川中部森林管理署の管轄する国有林だが、今回作成されたパンフは年伐量の20倍を超える壊滅的な大被害となった層雲峡地区をピンポイント的に取り上げ、半世紀を経た現在までの足跡を纏め上げている。
 
 
 日本の林政史に特筆される未曾有の事変。
被害から約10年後に、天皇・皇后両陛下が今は大雪ダムサイトになった林地に立たれ、時の田村旭川局長・小田島大雪署長の説明と造林地復興の様子に暫し心をとめられ・・・「自然との闘いは大変な仕事だが、成果を上げてくれることを期待する」と、関係者を激励された往時を思い起こす。
 
 
 因みにこれまで「森林復興の奇跡」「よみがえった森林を未来へ託す」の関係書が世に出ているが、「蘇った森林記念事業」でのパネルディスカッション、タイムカプセル埋設など、当時の様々な取り組みと被害林地の復興ぶりを、マスコミも積極的に報道した。
 上川アンガス牧場に埋設されたカプセルルは、平成46年9月27日に取り出されることになっている。
  • 下記タイトルをクリック下さい。

« 旭川木青協は、今・・・ | トップページ | 29年度初回の北海道銘木市・・・総平均41,073円 »

国有林」カテゴリの記事