« 林産試験場の 「研究成果発表会」・・・6月1日(木) 開催 | トップページ | 年度仕舞い相応しく・・・盛況の銘木市 »

2017年4月 3日 (月)

組合75周年・銘木市50年を祝う式典と祝賀・・・旭川林協

  旭川林産協同組合が創立75周年・主催の北海道銘木市が開設50周年・・・意義深い節目の記念式典と祝賀会が盛大に開催された。
 
 初代・松井耕造(松岡木材)から板東良一(浅野木材)、真弓政久(松岡木材産業)、髙橋丑太郎(昭和木材)、齋藤一郎(齋藤木材)、現在の髙橋秀樹(昭和木材)各氏の歴代理事長は6代にわたる。


 昭和17年に設立された上川地区伐出組合、旭川地区製材組合が、木材統制下での北海道地方木材株式会社解散に伴って21年合併し、旭川地方木材業組合へ。25年に法人化の旭川地区木材林産協同組合が、のちに現組合名に変更され今日を迎えた。その歴史4分の3世紀は、他に類なき史実として特筆される。
 
 世界に冠たる優良広葉樹の集積聖地として、その将来像をも含めた産地での広葉樹真価が適正に評価されてしかるべき・・・時の髙橋理事長、上坂副理事長の情熱が関係役員を動かし、昭和42年開設された銘木市事業。半世紀の歩みは、今回の3月末日開催いわば年度仕舞い市が404回を数えた。予期以上の単価も見られ、年度末市に相応しい様相を呈した。
 
  • 画像(1)(2)は 拡大して下さい 
 
29330
340名が集う記念式・祝賀の宴・・・(1)
 
 
Photo
ハイレベルの編纂記念誌・・・(2)
 
 
 
  • 髙橋理事長の式辞~全文(概要)を掲載
 
Rizityou_2

« 林産試験場の 「研究成果発表会」・・・6月1日(木) 開催 | トップページ | 年度仕舞い相応しく・・・盛況の銘木市 »

旭川林協」カテゴリの記事