« 設立75周年・・・旭川林産協同組合の今昔 | トップページ | 406回北海道銘木市~時期相応に展開 »

2017年5月28日 (日)

より活性化へ・・・木協の近況

 「木協の存在感に変化が・・・?」こんな気強いこぼれ話に、ブログ子<啄木鳥>の関心も深まる。早速、旭川地方木材協会(三津橋央会長)第66回総会を取材。
特徴的に映ったのは
■「ホームページの展開」
~発信される多様な情報活動に、会員・員外者のアクセス数が一昨年対比2倍半へ急増。
■「会員の増強」
~29年度の新たな会員
物林、永大運輸、タツミ工業、山田木材工業、東邦木材、安藤山林緑化、よつばフォレスト、平和木材、三立木材、北日運輸、宮本運輸の11社を含む総会員数が61社。北 北海道の関連企業が網羅。
 
この傾向は、木材協会の取り組む活動に直結と考えれば・・・
  • *針葉樹製品に関わるマーケット情報
  • *建築設計・施工業界と連携重視の針葉樹、広葉樹の需要拡大
  • *新規のCLT、木質バイオエネへの新たな利用
  • *不意に見舞われる労働災害への対策
  • *森林産業が抱える担い手や人手不足
といった問題・課題の重視、あるいは市町村公共建築物への木材利用PRの差し迫った事例もあるが、植林事業、素材生産、針葉樹・広葉樹の製品製造加工、プレカット工場、バイオ利用など総合的な木材産地産業形成に山林種苗緑化企業、木材輸送企業も新規加入願い、「会員企業のPR」を拡大する取り組み、さらに関連の情報と「会員からの要請に基づく情報」を発進していくという木材協会の方向には、会員の期待も大きいと思われる。
 
 
Dsc00367
総会の模様(協会提供) 

« 設立75周年・・・旭川林産協同組合の今昔 | トップページ | 406回北海道銘木市~時期相応に展開 »

木協」カテゴリの記事