« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »

2017年6月

2017年6月26日 (月)

407回銘木市 物件相応の展開で総平均単価31,874円

 23日開催の北海道銘木市(主催・旭川林産協組)~時期的に流通材が減小する中で先月より145㎥増の514㎥展示で開催された。日高北部・上川南部・網走中部3署からの官材34㎥に、全体の5.3㎥となる27㎥の外材を含む民材が452㎥並んだ。

 

Dscn0140_2



  主要樹のタモ、セン、ナラ、ニレが前回比安値となった一方、イタヤ、シナ、メジロの高値、中でもキハダは約2倍の高値。ザツカバは同価格に推移。銅賞が付いた2.4×72㎝のいポプラが187,000円、1本で232,628円で岐阜・平野木材が取得した。
 道外企業の取得は、名古屋を中心に数量で16.3%=78.8㎥。道外の平均単価は61,472円で、全体の3割となった。


元落率は5.7%。ナラ、イチイ、クルミは1%台で完売近い売れ行き。メジロも小粒ながら品質的に良材含むで2.4%と順調な売れ行きに終始した。



<結果は下記表示>


296_2
296_3
 
 

2017年6月19日 (月)

407回銘木市 6月23日開催

旭川林産協同組合主催の「407回北海道銘木市」が26日、旭川市永山の銘木会館で行われる。展示材は外材を含めて514.5㎥。午前8時から開始され、約2時間で終了予定。
  • ロシアのナラ、タモにアメリカのウォールナットなど外国材27㎥(全体の5.3%)。
  • 日高北部、上川南部、網走中部の3森林管理署から官材34㎥が展示される。
  • メジロカバ、ニレの良質材が注目される。イタヤには楽器材、シナには合板適材が含まれる。
<出品材の内訳>下記を開く
      

2017年6月 3日 (土)

後世へつなぐ「 DVD」と「記念誌」・・・旭川林産協同組合

  <組合創立75周年・北海道銘木市開設50周年>を迎えた旭川林産協同組合。
  • 森林産業界大勢の関係者を招き、開催された先の記念式典・祝賀会の余韻もそのままに、このほど「記念誌」「記念動画」ならびに付帯の「森林資源と銘木市」が完成した。


     後世に確かな記録を・・・という髙橋秀樹理事長の熱い思いが、役員・組合員一体感のもとで企画編集に繋がった。編纂作業は理事長自らの陣頭指揮に宮島事務長、池田課長、女性職員ら組合スタッフの総力で完成へ。


     構成の一つ 『記念誌』 を見れば、現・6代理事長のメッセージで創立・開設から今日までのあらましが紹介され、画像と文章で編纂された各ページの生きた記録は、いわば「組合文化」という側面で映る。一見をお勧めしたい。

 

Photo
記念誌
 
Dscn0105
記念動画
 
 
Dscn0127
森林資源と銘木市

« 2017年5月 | トップページ | 2017年7月 »