« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月26日 (水)

(株)よつばフォレストの人事

 稚内市曲淵に本社の 株式会社よつばフォレスト は、このほどのトップ人事で代表取締役社長 引網建司氏が代表取締役会長に就き、専務取締役の八幡篤司氏が後任の代表取締役社長に就任した。
 
 引網氏はグループ企業・稚内採石工業の代表取締役会長を兼務のほか、
株式会社よつばハウジングセンターの代表取締役社長に就任。住宅産業界での更なる業績拡大に力を入れる。
 
 稚内採石工業の代表取締役社長は、美田和夫氏。

2017年7月20日 (木)

国際家具デザインコンペに魅せられて・・・

 高い技術の「ものずくり」+デザインで付加価値を世界に発信する旭川家具の世界。
 
 1990年に始まった「国際家具デザインフェア旭川2017」・・・3年毎に開催されて今回で10 回目、節目の開催を迎えた。
 
 世界30か国からの多数の応募に、審査総評で五十嵐威暢委員長は~
 
 「思わず顔がほころぶようなデザインに出会うことを楽しみにしていた」としながら「完成度高いにも関わらず、オーソドックスな範囲での手堅いまとめの印象のものが少なからず目についた」とし、今後については「個人的には強さと独創性を兼ね合わせた時代を切り開くような大胆なデザイン、フロンティア精神が生産者側に突きつけられるようなデザイン、新しいライフスタイルの先駆けとなるようなデザインコンセプトの出現を期待したい」と述べている。(*IFDA資料集から抜粋)
 
 国内最大級の国際デザインフェア応募作品の一部をご覧いただきたい。(敬称略)
 
  • ● 最高賞の「ゴールドリーフ賞」
      (FINLAND)ミツコ・ハロネン
 
Photo
 
 
  • ●「ブロンズリーフ賞」
     (JAPAN)平井健太
 
Dscn0161
 
 
  • ●「ブロンズリーフ賞」
     (THAILAND)ラッテイ-・パイサン・チョシリ
 
Dscn0184
 
 
  • ●「長原 實賞」
     (JAPAN)佐藤邦彦
 
Photo_2
*国際的フェアの旭川開催委員会会長として、実現に尽力され、
  昨年死去された長原さんの功績に相応しい「賞」として新設された。
   フェアの未来とものづくりの原点を気付かせてくれるもので、長原氏が目指す
   今後のものづくりの方向性を示唆するような強い意志が伝わる作品と評された。
 
 
 
 
●このほか入選作の一部作品紹介~
 
Dscn0157 Dscn0162
 
 
 
Dscn0165 Dscn0169
 
 
Dscn0159 Dscn0158
 

2017年7月18日 (火)

道産木材いずこ?資材館のひととき

 オープンした大手パワーショップのひとこま・・・資材館の木材ブースを一部画像でご覧いただきたい。
 ボリューム的には結構な材積も、エゾ、トド製材は悲しくも皆無。
どちらの大型流通店も対応ルート直結にして、地元メーカーが隙入る道なしの’岩盤規制’。
 それにしても垂木一本道材無しの新店舗資材館。ちょっぴり悲哀心で帰路となる真夏の昼下がり。
(画像クリックで拡大)
Dsc_0162_2_4
木材ブースの一部
Dsc_0174_2_4 Dsc_0173_2_4
Dsc_0172_2_7 Dsc_0171_2_4
Dsc_0164_2_4 Dsc_0165_2_8
Dsc_0167_2_6 Dsc_0168_2_4
Dsc_0166_2_4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

森・木のフェス「森林の市」・・・7月30日開催

 森と木と暮らしの世界をさまざまな形で体現する~「森林の市」。
 今月30日の日曜日、午前10時から3時まで、旭川市永山北1条10丁目 林業会館広場で開かれる。
 地元の旭川市をはじめ、旭川地方木材協会など森林・木材に関わる官公庁と民間団体の共催で企画されたフェスティバル~来場の方々に「森林と木材が暮らしに直結する自然の姿」をそのまんまに体感いただくことを願って年1度行われるイベント。多くの方々の来場が望まれる。
内容は下記プログラムを参照。
(画像上でクリック拡大)
 
Photo_2 Photo_4
 
 

2017年7月 5日 (水)

山菜料理コンクールで「森林」 PR

   森からの食の恵みを体感しながら森林産業の世界に関心を深めてもらい、地域振興に繋げていく目的の「山菜料理コンクール」。

 一般財団法人日本森林林業振興会旭川支部/ 旭川大学短大部/ 星野リゾートトマム/占冠村で構成する実行委員会の主催も、事務局を担う森林林業振興会支部の支部長ほか職員の総力による企画開催も今回が3回目。
 

 
  雲海絶景が注目のトマムの樹海・・・会場となった占冠村コミュニティプラザには、全国からの96名・119件の応募のうち1次審査を通った8名がエントリー。アイディア豊かに山菜料理の技が披露された。


 今回は2次審査会翌日「山菜ツアー・ワイルドハーブランチ」が企画され、ガイドと共にトマムの敷地内を散策しながら山菜の見分け・採取方法を学びながら、実際にフキやワラビ採取を体験して山の恵みのお土産も・・・そしてホテルレストランでの山菜料理堪能のフルコース日和を満喫した。



< 最優秀作品>
東京都・猿田明奈さんの
「ふきのとうのベイクドチーズケーキ~春の芽吹き」

Photo_3
星野リゾート トマムの「森のレストラン ニニヌプリ」で7月20日~8月20日までの間、            メニューとして提供される。

 
 
 
優秀賞作品>
 
Photo_2 
Photo_2
総力結集企画設営の振興会支部
 
 
*(振興会HPから)

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »