« 昭和木材株式会社の新陣容 | トップページ | 山田稔さん・・・林野庁長官賞受賞 »

2017年12月21日 (木)

12月銘木市・・・1億406万円強を売上

 年内最終となる旭川林産協同組合(髙橋秀樹理事長)主催の銘木市。
15日開催された新鮮材市は、年明け1~3月最盛期への前哨市として2,017㎥展示され、外材のタモ46㎥、ほかウオールナット、チェリーなど19㎥の計65㎥は全体の3.2%と僅少にして、総体的には道産材市。
 今回の官材は、十勝東部森林管理署の164㎥を最多に石狩署58㎥、日高南部署32㎥、日高北部暑54㎥、胆振東部署34㎥、上川北部暑10㎥、上川中部署18㎥、上川南部署16㎥、留萌北部暑15㎥、網走西部署西紋別支署22㎥、網走中部署22㎥の計542立方。
 展示材はタモ、セン、ナラ、カツラ、メジロの良材、イタヤの楽器用材などが一つの特徴で、マカバ、キハダ、ホホ、ウオールナットに若干の元落が見られたが、他は全て完売状態。1%の元落は事実上の完売宣言といえる結果を得た。
(画像はクリックで拡大)
 
Dscn0572_2
第一展示土場
 
Dscn0590_2
第二展示土場
 
 
Dscn0592
今回の最高値セン437,000円
 
  • 市売結果は下表をクリックで拡大
1
2
次回の銘木市開催は、1月26日(金曜)。

« 昭和木材株式会社の新陣容 | トップページ | 山田稔さん・・・林野庁長官賞受賞 »

銘木市」カテゴリの記事