« ようやく・・・ブログの扉へ | トップページ | 413回北海道銘木市・・・総売上1億5,776万円 »

2018年1月30日 (火)

銘木市のハイライト・・・東京大学のマカバ190万円

  1月26日開催の「第412回北海道銘木市」(主催・旭川林産協同組合=髙橋秀樹理事長)。
 
  最良の新鮮材を提供する真冬期の市。なかでも1月は年に一度の東京大学演習林材が展示されるハイライト市として注目され、今年も32件の特別賞付き物件の多くが東大材。
 
  ロシア、アメリカからの外材102㎥を含む総展示材2,944㎥ のうち、官材は東大材68㎥のほか石狩・日高北部・十勝東部・留萌南部・上川中部・上川北部・上川南部の7森林管理署の出品材。
  慢性的な広葉樹原料の不足感から、重要な入手の機会としてナラ、lクルミの完売を始め良材は高値応札。特徴的な東大演習林材のマカバとセン、中でもマカバ190万円で大阪の単板業者落札を最高値として、100万円以上の物件が6件、60~90万円台が4件、30万~55万円が5件。
   センも67万1千円を最高に50万円台が続く超大台が続出の盛り上がりぶり。
   民材のナラ41万円も希な高値で、京都の業者が落札した。
 
(*画像はクリックで拡大)
 
1_2  2_2  
第一展示場                第二展示場
6_3
入札会場の模様
 
7190_4
東大マカバ最高値190万円
 
81719900_4
東大マカバ二番高171万9900円   
林産組合理事長賞
361000_2
タモ最高値36万1千円
 
581000_4
セン二番髙の58万1千円
 
  • 市売結果は下記クリック
3011_2
 
301_2                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                          

« ようやく・・・ブログの扉へ | トップページ | 413回北海道銘木市・・・総売上1億5,776万円 »

銘木市」カテゴリの記事