« 木材協会の“変革” | トップページ | ユニークな「山菜コンクール」 »

2018年6月26日 (火)

北海道産銘木6月市~総平均単価36,753円也

 417回目の北海道産銘木市(主催/旭川林産協同組合・髙橋秀樹理事長)。
今回の「6月市」は、夏場入りということから総じて時節反映の展示材が市売にかけられた。
 国有林の官材~美瑛、金山、温根湯、陸別方面から171㎥。外材は62㎥。これに民間材を合わせ総量 967㎥。


 ナラ、メジロに良材が見られるも、夏季の広葉樹にはそれなりの質的宿命から、最終の出来値総平均36,753円はまずまずという受け止められている。タモ、ナラ、キハダ、イタヤが2,3%と低い元落の反面、メジロは5%とやや多く、ザツカバに及んでは約2割が元落した。平均元落率は7%。


本州企業の取得状況は、名古屋を中心とする中部地区が数量で全体の5.7%、51㎥(単価78,206円)。近畿と北陸がコンマ以下の取得と僅か。3地区合わせて数量で6.6%。単価73,690円で取得金額は全体の13.3%.
 
  恒例により7,8月の2か月間は、公開市場も夏休み。明けの9月市から再開される。

<今回の結果詳細>(下記をクリック)


Photo
Photo_2

« 木材協会の“変革” | トップページ | ユニークな「山菜コンクール」 »

銘木市」カテゴリの記事