« 5月銘木市・・・品物相応に平均単価は 35,117円也 | トップページ | 新緑の風情に誘われて »

2018年6月 6日 (水)

旭川林産組合総会・・・理事長が概況演説

  広葉樹原木の流通公開市場を主催する旭川林産協同組合。
 年に10回開催される「銘木市」の存在感は企業の生命線。道内、本州の木材関係者が集う一大原料入手の場として、注目されつつもその歴史は半世紀を迎えた。
 このたび開催の第69回通常総会。

305_2

 
  「業界を取り巻く変遷」と「銘木市」の近況を集約した格調高い髙橋秀樹理事長(昭和木材代表取締役会長)の挨拶は、これまでの動向と現状再確認という意味で生きた教材ともなって、出席者に感銘を与えた。以下はその要旨~。

Dscn0752_3
 
 <これまでの動向>
  •  昨年は旭川林産協同組合設立75周年、「北海道銘木市」開設50周年、そして北海道広葉樹協議会設立50周年と区切りの年が重なり、祝いの式典をさせていただいた。ある意味、北海道の木材業にとって最も元気の良い時期から半世紀という時にある。その半世紀の今、ひと言でいえば広葉樹は「原料不足」、針葉樹は「適材原木不足」で建築材市場で拡大ができない状態にある。
  •  50年前1960年代は、北海道の木材収穫量は針葉樹700万㎥、広葉樹600万㎥、全体で1,300万㎥もあり、欧州向け輸出インチ材、米国向け輸出合板全盛時代であった。北海道に1,400もの製材工場が林立する最盛期といえる。
  •  1970年代に入って国産材収穫量が減小に向かうにつれて、北洋材・米材輸入の時代時代が到来し、広葉樹はソ連から、針葉樹は北洋材・米材が大量に入荷した。背景には為替300円が160円円高へのプラザ合意があった。
  •   1990年代、針葉樹収穫量が400万㎥、うち広葉樹200万㎥まで減少。一方、ソ連が解体し自由化によってロシア丸太全盛時代が到来した。国産材不足を完全に外材が補い、豊富で最も安い原料時代であったといえる。
  •  2000年代、ロシア材の硬直化、米国へ産地シフト開始。脈々と中国が台頭してきた。2010年代、人工林間伐が施策主体となり、針葉樹収穫量400万㎥、広葉樹60万㎥に激減した。更に2011年ロシア輸出税%、広葉ナラ・タモに100ero/㎥賦課され、その後2015年のロシア産タモ・ナラがワシントン条約に登録されるや激減の一途となった。
  •  2017年、国産収穫量に若干の回復が見られるも、用材は不足、中国の世界木材買い占めで外材も不足している状態。2018年、韓国コンテナ滞船問題、中国での燻蒸トラブルが発生している。これは強権的指導者ばかりの米国、中国、ロシア間の貿易戦争や自国ファーストで何が起こるか分からない現状は気がかりなところである。

<銘木市>
  •  29年度の市売り事業は、売上数量17,590㎥/売上金額8億1,100万円/平均単価46,120円/元落率2.49%。売上はほぼ前年と同様であるが、低い元落は殆ど完売状態となった。内容は官材出品数が150%と増量となった。北海道森林管理局に感謝を申し上げたい。外材は608㎥。前年比114㎥減少した。ロシア材がますます硬直化していることと、中国に仕入で負けている背景がある。
  •  小径木主体のロット椪が大幅に増えた。20㌢上の小径木ロットや3等材が売れるようになった。これは資源の減少と小径化にあわせて、木材商品が開発されていることがある。道産ナラの節をキャラクターにした床材や、節のついたテーブルなどが人気商品となった。ナラの樽で製造されたウイスキーや、幼児用の「君の椅子」プロジェクト、ミズナラブームにある。地元家具業者による北海道家具のブランド化も加わり、メジロカバの床、内装建具、楽器材などに広く使用される樹種になった。

<日本の広葉樹>
  •  *北緯43度ー45度は、世界的温帯広葉樹地帯。*大雪山という森林帯と資源があり、水が豊富で夏散水が可能。*寒い冬で良質な木材がある(冬保存が効く)。*広い土地があり、保管と天然乾燥ができる。古くからが木材加工技術が磨かれ、伝承されてきた。*海外との交流で、世界から不足する原料の調達が可能。
       
    温帯広葉樹の製造工場は、北海道しかないといって過言ではない。

  •  資源は国と道の山にあり、これを安定的に供給していただき、加工して家具、内装建具など付加価値をつけて全国販売する。針葉樹は設備更新して建築材の主導権回復が肝要と考える。
  •  このスキームを続けていくことこそ、北海道の木材ワールドが生きていける道。そのためには国、道、林産試験場、銘木市・原木市の流通、家具メーカー、製紙会社、バイオマス、そして木材業者が連携して一大木材産地産業を維持していくしかないと考える。

« 5月銘木市・・・品物相応に平均単価は 35,117円也 | トップページ | 新緑の風情に誘われて »

旭川林協」カテゴリの記事