« 2018年6月 | トップページ | 2018年9月 »

2018年7月

2018年7月26日 (木)

三津橋貞夫氏「お別れの会」・・・往時を偲び多くの参列者

 三津橋産業MLCグループの総師として社業発展に尽力され、北海道木材林産協同組合連合会会長、全国木材協組連合会副会長など要職歴任の暁に、叙勲「旭日小授章」の栄誉に浴された故 三津橋貞夫氏「お別れの会」・・・時静かに流れる真夏日のひるどき、旭川市内のホテルは星野リゾートOMO7ホールで執り行われた。

 森林ひとすじにあった身に相応しく、大ホール正面には樹木と地床植物で実際の自然林縮小版ともいえる奥深い趣の祭壇が目を惹くなか、北海道水産林務部本間俊明林務局長、上川総合振興局佐藤卓也局長、北海道森林管理局小野寺功旭川事務所長、北海道木材林産協同組合連合会松原正和会長ら斯界の関係者一人ひとりが献花、別れを悼んだ。


 天然林風情の祭壇に融和する遺影は、強靱な精神力で森林産業界にあった人となりそのまんまに、話しかけるような雰囲気にいざなわれる印象が残った。


Dscn0908_4 印象的な森林祭壇の趣き

 

Dscn0904参列者に感謝の意を表す三津橋央社長ら遺家族

2018年7月16日 (月)

三津橋 貞夫氏「お別れの会」

    三津橋産業(本社・士別市)「MLCグループ」の総師として活躍し、北海道木材林産協同組合連合会会長、全国木材協同組合連合会副会長など要職を歴任。森林産業界への多大な功績から旭日小綬賞・叙勲の栄典に浴され、5月24日に逝去された三津橋 貞夫氏の「お別れの会」が下記日程で執り行われる。

日  時 :    平成30年7月18日 (水曜日)  正午~午後2時

会  場 : 星野リゾートOMO7旭川 (旧 旭川グランドホテル)

   現三津橋 央社長にグループ継承後は、自宅にあって療養に専念の一方、
つれづ れなる執筆に思を注がれ、念願の書名『森林ひとすじ 夜も昼も』の草稿に時間を割きながら今一歩、加筆部分を残したまま自適の日々を終えられた。
    無念の思いを抱いたままのご他界であったに違いない。

2018年7月13日 (金)

遊んで学べる「森林の市」・・・7月29日開催

  地球にやさしい森と木~ 第33回 「森林の市」・・
7月29日の日曜日、10時から15時まで市内永山の旭川林業会館構内を会場に開かれます。


*親子で「木のしおり」づくり
*紙すき体験
*カブトムシ・クワガタ販売
*緑のコンサート
  などなど、知的で・・・愉快で・・・楽しい親子の広場が皆さんをお迎えします。


          
  詳しくは下記をクリック, 拡大してご覧下さい。
Photo_2 _0001

2018年7月10日 (火)

ユニークな「山菜コンクール」

 趣向豊かに「第4回山菜コンクール」が開かれた。蕗やワラビにタケノコ、キノコ森林からの特用林産物を素材にした食を通して、森林への関心を深めてもらい、地域振興に繋げていく趣旨のコンクールは、 旭川大学短期大学部、星野リゾートトマム、占冠村、占冠村教育委員会、日本森林林業振興会旭川支部5団体の実行委員会の主催。

 スローフードしむかっぷ、占冠山村産業振興公社が協力し、北海道新聞社、上川総合振興局、旭川市、北海道森林管理局上川南部森林管理署が後援する全国的にも珍しい取り組みは“ 山菜料理の祭典 ”に相応しい。


 事務局・日本森林林業振興会旭川支部皆さんのご苦労を多とするも、今回は道内外から82名、101件の応募多数。この中から三重県、上富良野町、三笠高校、旭川調理師専門学校、帯広南商業高校、札幌市に所属する8名が二次審査会へ。

 会場の占冠村コミュニティプラザでは、8名が主食、副菜、お菓子など感性豊かな料理に技を披露した。


最優秀賞~旭川調理師専門学校 小塚誌央理さん
  「あずき菜と赤茄子の和風ムース・・・よもぎ白玉と春の花を添えて
4


優秀賞~帯広南商業高校 辻 凜々香さん
  「ふきみその焼きおにぎり・・・だしをかけて」
5



優秀賞~三笠高校 佐藤 拓夢さん
  「香り弾ける山菜餃子・・・ありったけの風物詩を包み」
6


 この3点を含むエントリー8名の新作料理は、レシピ集を作成し、新しい山菜の味わい方としてPRされる。


 表彰式翌日の「山菜採取ツアーとワイルドハーブランチ」の企画では、出場者がガイドと共に星野リゾート トマムのエリアを散策。山菜の見分け方などを教わり、ホテルのハーブランチでは、山菜の料理を一皿毎に写真に収めながら食味など、山菜料理の生きた教材に貴重な機会となった。

 山菜の新たな魅力を発信していくことで、地域振興に関わっていく期待は大きい。

(本文要旨と画像は、同振興会旭川支部HPによる)

« 2018年6月 | トップページ | 2018年9月 »