« 北海道産銘木市1月31日・・・マカバ、センなど超優良材展示 | トップページ

2019年2月 6日 (水)

道産銘木「年初め市」・・・東大演習林材で盛り上がる

 北海道産銘木市(主催/旭川産林産協同組合=髙橋秀樹理事長)の年初初市が開催された。毎年1月は初市ということで、恒例の東京大学演習林のマカバ、セン超優良木が注目され、マカバに最高値257万5,500円(昭和木材落札)など、冬場の新鮮材相応の賑わいを見せた。


Dscn7151_2
良材並ぶ第一展示場


Dscn7184
第二展示場も新材満載の光景


Dscn7157
賑わう入札会場


 ナラ、メジロ、タモ、センを中心に総数量3,417㎥(単椪2,694㎥、ロット椪723㎥)の大量出品市。ナラ、クルミ、エンジュが完売近い展開、ドロノキを除いて全樹種がよく売れた結果、元落率は2.8%の低率となった。

 年初市の特色は注目の東大演習林マカバとセン。マカバの方はマグロでいえばクロマグロ級の存在感だけに、道内外の木材企業が注目。ツキ板用として東大マカバは10数本に㎥100
万円以上の高値がついた。

 「国内景気の先行きから建築関連業界の動きに期待感ということが、原料取得に繋がった」という傾向を話す本州の参加者の声。

因みに道外企業の取得状況は~
*数量・・・353㎥(10.7%)
  金額・・・3904万円(23.6%)
  平均単価・・・110,384円
*地区別でみると、名古屋を中心にする中部地区が最多で、数量が7.6%、金額15.8%、 平均単価103,986円



<市売結果の概要>
1
3_2




 
<主要材の高値から一部の画像を以下に表示>


Photo_2
タモ(58㎝)最高値60万円で北海道北三落札


Photo_3
セン(56㎝)最高値45万5千円で吉川木材落札

 
Photo_4
(マカバ最高値は6.4×38の東大材で昭和木材落札)
この画像は2番高(48㎝)「演習林長賞」物件で222万2,200円昭和木材落札

 
Photo_5
マカバ東大材(54㎝)「旭川林産組合理事長賞」物件で100万円北日本木材落札
 
 
157
マカバ東大材(42㎝)3番高。157万円でカジウラ落札



Photo_6
マカバ東大材(50㎝)4番高。155万5,500円で昭和木材落札
 

« 北海道産銘木市1月31日・・・マカバ、センなど超優良材展示 | トップページ

銘木市」カテゴリの記事