« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »

2019年6月

2019年6月14日 (金)

6月21日開催の「銘木市」・・・出品材は995㎥

夏休み7,8月を控えた「北海道産銘木市」。

その前の6月市が今月21日(金)、総量約995㎥を展示して旭川銘木会館で開催される。

出品丸太は石狩・空知・上川中部・十勝東部の4森林管理署からの官材243㎥、外材17㎥と民材。

 

その詳細は下記をクリック。

ダウンロード - 427itiuri.pdf

 

 

2019年6月10日 (月)

示唆に富むスピーチ・・・林産組合理事長

本ブログ前号で紹介した「旭川林産協同組合」の総会。

 

 席上での髙橋秀樹理事長のスピーチは、

  いつもながらの論調で森林産業界を取り巻く内外の動勢が集約され、

     示唆に富む内容が特筆される。

Photo_6                         髙橋理事長

 

要旨は添付の通り。(下記クリック)

ダウンロード - rizityou202019.5.15.pdf

 

 

 

旭川林産協同組合の総会

優良な原木の公開市場「北海道産銘木市」を主催する旭川林産協同組合(髙橋秀樹理事長)。

星野リゾートOMO7旭川に国有林、道有林、林産試験場など関係機関の来賓を招き、70回目の通常総会を

開催した。

 

Dscn7274-4 林産組合管理の林業会館(右)と銘木会館(左)

 

305-2総会の雰囲気(画像・前回総会から)

 

主要事業「銘木市」について、前年度実績は計画より1,318㎥多い19,818㎥の出品で、

8億7,680万円の売上が報告されたほか

  • 希少価値が高まる道産広葉樹の需要に対応するため、関係機関の支援と組合員の協力で市売事業に

積極的に取り組み、公正な価格形成と流通の拠点的な役割を果たす。

  • 今年は7月28日(日)に開催される「森林の市」の共催団体として参加する。
  • その他金融事業、組合施設の利用事業の推進。

などの令和元年事業計画を決めた。

 

役員改選期で専任された新役員下記の通り(敬称略)。

理事長  髙橋秀樹  (昭和木材 代表取締役会長)

副理事長 山田 稔  (山田木工場 代表取締役会長)

理事   上坂勝司  (上坂木材 代表取締役社長)

理事   野村幸生  (ノムラ 代表取締役社長)

理事   尾田泰一  (尾田木材 代表取締役)

理事   岩下 誓  (山田木材工業 代表取締役社長)

理事   井口公夫  (東邦木材 代表取締役社長)

理事   桜井範明  (北日本木材 代表取締役社長)

理事   中尾 努  (アサノ旭川支店 取締役支店長)

監事   河端正敏  (麻生木材工業 代表取締役)

監事   岩閒八也  (岩閒木材店 代表取締役社長)

« 2019年5月 | トップページ | 2019年7月 »