« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »

2019年9月

2019年9月17日 (火)

第428回北海道銘木市結果・・・売上平均単価20,805円

7,8月2か月の夏休みを挟んで再開された北海道銘木市(主催/旭川林産協同組合・髙橋秀樹理事長)。

  Dscn7399-2展示場

Dscn7380-2タモの良材も

Dscn7418-4 ブナ丸太を北海道に・・・ドイツの木材業者の姿も

 

 

Dscn7387-3

 

 

 

 

 

 

国有林の官材352㎥を含む総出品量871㎥(単椪728.8㎥、ロット椪142㎥)は、

例年同様に伐採時期反映でそれなりの品質原木だが、比較的伐採後日が浅いタモなど

めぼしい物件も含む展示場の下見には、応札者らの姿が少なくなかった。

 

ナラ(272㎥)、イチイ(16㎥)、ホホ(8㎥)の3樹種は完売乃至は完売近い売れ行き。

タモ(120㎥)、カツラ(7.7㎥)、メジロ(119㎥)は、いずれも1割程度の元落ち。まずまずの結果に。

 

最終的な元落率は13.4%。

 

結果概要は下記をクリック。

ダウンロード - e8a1a81.jpg

ダウンロード - e8a1a8efbc92.jpg

 

2019年9月 8日 (日)

夏休み明けの「銘木市」再開

7,8月と2か月間の夏休みだった北海道銘木市。

今月から再開される9月市が旭川市永山北1条10丁目の銘木会館で

午前8時から開催される。

 

展示原木は871㎥(前年同期976㎥)。

外材はロシアナラ、ウォールナットなど米材35㎥(全量対比4%)。

日高北部、十勝東部、上川中部、上川北部、上川南部、網走中部、空知の7森林管理署からの

国有林官材は352㎥(単椪245㎥、ロット椪103㎥)

 

<詳細>は下記をクリック

ダウンロード - 428itiuri.pdf

 

 

 

 

 

 

« 2019年8月 | トップページ | 2019年10月 »