« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »

2019年12月

2019年12月18日 (水)

北海道銘木市・・・新鮮材に買い意欲顕著

旭川林産協同組合主催の431回「銘木市」。

新鮮材主体からナラ、ニレ、クルミ、カツラ、アサダ、シナ、メジロカバ等が完売または完売近い状況で、

全体の元落率は2.1%の低率。積極買い意欲で盛り上がりを見せた。

 

Dscn7595-2第一展示場

 

Dscn7600-2第二展示場

 

時季相応に良質材という特徴が買い意欲を刺激した形の今回の結果は、次回1月市にも反映が期待大。

特徴となった低元落率を樹種別に見ると

タモ3%、  マカバ11.7%、  セン6%、  ナラ0%、ニレ1.2%、キハダ7.1%

クルミ1.6%、アサダ0%、ホホ3.3%、エンジュ3.4%、カツラ0%、ザツカバ2.8%

イタヤ0.4%、シナ1.8%、メジロカバ2.8%など。

 

 

291900-2タモ最高値材

501100セン最高値材

 

<市売り結果の概要>

12

122

ダウンロード - e69c80e9ab98e580a4.jpg

ダウンロード - e59cb0e59f9fe588a5.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

22222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年12月 7日 (土)

銘木の師走市12月13日開催・・・セン、メジロに良材

旭川林産協同組合(髙橋秀樹理事長)主催「第431回北海道銘木市」。

2,000㎥の丸太を展示して、12月13日午前8時から市内永山の銘木会館で開催される。

 

全体の6.8%を占める外材の主体はロシアタモ。

国有林からの官材は、石狩森林管理署の185㎥はじめ十勝東部署の155㎥、日高北部署の135㎥

など8森林管理署で約760㎥が並ぶ。

 

特徴はセン、メジロの良材が注目点。

 

展示材の詳細は、下記クリック

ダウンロード - efbc94efbc93efbc91meibokuiti.pdf

 

 

« 2019年11月 | トップページ | 2020年1月 »