« 北海道銘木~ハイライト市・1月24日開催 | トップページ | 訃報 »

2020年1月31日 (金)

1月の北海道銘木市~11,378万円売り上げへ

 1月24日に旭川で開催の旭川林産協同組合(髙橋秀樹理事長)主催・「銘木市」。

2,316m3を展示した現場は、変化する資源事情にあって圧巻のマカバを含めた原木がずらり。

「凄い丸太だな。山にはいいのが今でもあるんだ」・・・通りがかりの一般の人の声が聞こえてきた。

 

1_20200130145701第一展示場=官材 

 

1_20200130145702第一展示場=民材

 

  2_20200130145701第二展示場=民材

Photo_20200130151101 賑わう雰囲気の会場模様  

  

 冬場伐採のピカピカ高鮮度の丸太が大半となるハイライト市では、恒例の東京大学マカバ、センが

とりわけ本州方面の突板メーカーにとって ’木のダイヤ’ 的存在。1m3当たり205万円の大台価格登場。

 

 ナラ、クルミ、ザツカバ、シュリ、シナ、メジロカバ、マカバが完売ないしは2%台の低元落率。

総体の平均元落率は3.1%の低率で快調な売れ行きに、さすが真冬市の特質をみる。

総売上高11,378万円也。いち日の仕事では大きな実績だ。

 

結果の概要は下記をクリックでどうぞ。

ダウンロード - 1.24e8a1a81.jpg

ダウンロード - e69c80e9ab98e580a4.jpg

ダウンロード - e59cb0e58cbae588a5e58f96e5be97.jpg

ダウンロード - e8b2b7e4b88ae38192.jpg

35m3 35万円ナラ最高値(王子木材緑化出品)

205m3 205万円・マカバ最高値(東京大学出品)

Photo_20200130171901m3 120万円・マカバ2番高(東京大学出品)

5020002m3 502千円・セン2番高(東京大学出品)  

Photo_20200130172801

開市以来半世紀。ホホ丸太(3m×48cm)に初の銅賞

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 北海道銘木~ハイライト市・1月24日開催 | トップページ | 訃報 »

銘木市」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北海道銘木~ハイライト市・1月24日開催 | トップページ | 訃報 »