« 2020年1月 | トップページ | 2020年4月 »

2020年2月

2020年2月27日 (木)

相田嗣郎氏を偲ぶ

2_20200226005801

 

富良野林産協同組合理事長、旭川地方木材協会会長、北海道乾燥材普及協議会会長、北海道木材市場協同組合理事長など

森林産業界の発展に尽力し、旭日双光章・林野庁長官賞・北海道産業貢献賞を受賞した富良野市布部に本社の

相田木材株式会社取締役会長・相田嗣郎氏が77歳の生涯を閉じられて未だ日は浅い。

真摯な思考と行動の集大成は、そのまんまに大盛儀が物語っていた。

 

初代の相田仁太郎氏が金沢から南富良野町に移住し、造材事業を始めた1923年(大正12年)に歴史は始まる。

戦前は樺太に支店を展開。「世界恐怖のあおりを受けて売れなくなったり、従業員が着の身着のまま引き上げて

きたりと、波乱万丈だった」と往時の記憶を辿る日もあった相田嗣郎氏。

 

1970年代は輸入材との価格競争時代へ。「多くが価格勝負に打って出たなかにあって、外材も受け入れて付加価値を

高めての販売を重視したことで生き残ってこれた」・・・などなど、追憶日記のメモが啄木鳥の手元に残る。

 

製品の乾燥化時代を控えた関連団体の会長として、針葉樹製材の公開市場活性化に理事長として積極的に情熱を

注いだ功績。新たな事業展開と向き合う折は、大学ノートにびっしり考察と分析を記録する意欲的な姿。

相田氏の存在感は、いかに取り巻く環境が変化しようとも「地道で堅実」を旨とする絶対的な持ち味に集約される。

創業96年の社業は4代目・相田泰宏社長に継がれて更なる高みへ。

 

「人生100年時代」への進化論が台頭する現世。

「その前倒しで更なる余生」の願いも空しく・・・。泉下の平安を念じて止まない。

 

 

 

 

 

 

2020年2月25日 (火)

冬場新鮮材一堂に・・・北海道銘木市2月28日開催

第433回北海道銘木市・・・3,461㎥展示して2月28日に旭川市銘木会館で開催される。

 

日高北部森林管理署の370㎥など8管理署から国有林の官材923㎥と民間材。

民材のマカバには優良材があり、センにも良材が多い。

ナラは官材、民材共に良材あり、メジロカバにも良材多い。イタヤは楽器材用、シナは合板適材が主体。

 

外材はタモ、ナラ約90㎥。

冬場最盛期の生産材市だけに、道内外の関係企業も大勢の参加が見込まれて盛会市が予想される。

 

展示材の詳細は下記をクリック

ダウンロード - e7acacefbc94efbc93efbc93e59b9ee38080meibokuiti2002e69c8820e587bae59381e69d90e8b387e69699201.pdf

 

2020年2月12日 (水)

多発する林業死亡災害への警鐘止まず

北海道の良質な原木生産は、冬場の伐採・搬出が最適期。

Photo_20200208225801伐採現場は深雪で厳しい作業条件

 

その現場でここ数年、北海道が「伐採作業中の死亡重大災害ワーストワン」の不名誉に喘いでいる。

 

ひとたび死亡事故を起こせば、会社のイメージは著しく低下するに留まらず、事後処理でも大きな負担がのしかかる。

一家の大黒柱を突然失った被災者の家庭の深い悲しみは、計り知れない。

 

下記クリックの表は、ここ4年間北海道内の林業死亡重大災害の一覧。

木材加工現場の死亡は、切削加工中の下川町内での1件のみ。あとは全て伐採作業中の死亡ばかり。

 

ダウンロード - sibousaigai.xls

 

ダウンロード - 30sagyousyu.jpg  (林災防資料)

 

経営者の安全管理体制への責任が問われるのは言うまでもないが、究極は「自分の命は、自分で守る」以外にない。

「魔の一瞬」で起きる災害。とりわけ伐採作業は死亡災害に繋がりやすい危険な仕事だが、作業の基本を重視することで

慎重に行動すれば、重大災害への危険は限りなくゼロに繋がる。

航空機のパイロットはひとたび離陸すれば、飛行中の安全は社長ではなく機長の判断に委ねられると同じこと。

 

Photo_20200208221801

「かかり木 危険」「伐倒方向 ヨシ」・・・。

現場にある従事者は「命は自分で守る」という孤高の境地を労わっていただくことだ。

重大災害ゼロへの記録・・・ワーストワンの不名誉を挽回したい。

 

 

 

 

2020年2月 2日 (日)

訃報

Photo_20200131231401

 

北海道上川郡東川町に本社を置く広葉樹専門メーカー・

上坂木材株式会社 代表取締役会長 上坂勝司氏。

 

  旭川医科大学病院に入院加療中、1月31日0時26分誤嚥性肺炎のため急逝された。66歳。

 

旭川林産協同組合 理事

北海道銘木市実行副委員長

 を歴任。

 

葬儀は 旭川林産協同組合 理事長 高橋秀樹氏(昭和木材株式会社 代表取締役会長)委員長のもと

下記日程で執り行われる。

通夜・2月2日 18時

葬儀・2月3日 10時

会場・やわらぎ斎場永山(永山2条9丁目)

 

ご冥福をお祈り申し上げます。

 

« 2020年1月 | トップページ | 2020年4月 »