« 多発する林業死亡災害への警鐘止まず | トップページ | 相田嗣郎氏を偲ぶ »

2020年2月25日 (火)

冬場新鮮材一堂に・・・北海道銘木市2月28日開催

第433回北海道銘木市・・・3,461㎥展示して2月28日に旭川市銘木会館で開催される。

 

日高北部森林管理署の370㎥など8管理署から国有林の官材923㎥と民間材。

民材のマカバには優良材があり、センにも良材が多い。

ナラは官材、民材共に良材あり、メジロカバにも良材多い。イタヤは楽器材用、シナは合板適材が主体。

 

外材はタモ、ナラ約90㎥。

冬場最盛期の生産材市だけに、道内外の関係企業も大勢の参加が見込まれて盛会市が予想される。

 

展示材の詳細は下記をクリック

ダウンロード - e7acacefbc94efbc93efbc93e59b9ee38080meibokuiti2002e69c8820e587bae59381e69d90e8b387e69699201.pdf

 

« 多発する林業死亡災害への警鐘止まず | トップページ | 相田嗣郎氏を偲ぶ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 多発する林業死亡災害への警鐘止まず | トップページ | 相田嗣郎氏を偲ぶ »