« 売れ行き好調・・・年度最終の銘木市 | トップページ | 北海道銘木市~5月29日開催 »

2020年4月30日 (木)

4月の銘木市~平均単価31,380円

新年度初市として4月24日に開催された旭川林産協同組合主催の第435回北海道産銘木市。 

Photo_20200430012301第一展示場 

 

Photo_20200430012401第二展示場

 

2,182㎥の出品材は元落率5.1%で販売数量2,071㎥。31,380円の総平均単価で6,498万円余を売り上げた。

冬山生産材も1~3月最盛期を過ぎれば、総体的な材質変化は避けられない自然の摂理から結果はそれなりの

展開を見せた。 

 

それでも主役のミズナラが2.8%の低元落だったのをはじめザツカバとシナは1.1%、マカバ、メジロカバ、

アサダなども3%台と善戦した。

 

結果の詳細は下記クリックでご覧いただきたい。

ダウンロード - 4e69c88efbc91e8a1a8.jpg

ダウンロード - efbc94e69c88e9ab98e580a4.jpg

ダウンロード - efbc94e69c88e8b2b7e4b88ae38192.jpg

 

 

Photo_20200430012901最高値タモ320,000円

 

道外勢の近畿・中部・北陸3地区企業の取得状況は、数量が52㎥。

その平均単価は103,873円。取得額5,436,794円は前回3月市の4割弱に留まった。

 

 

« 売れ行き好調・・・年度最終の銘木市 | トップページ | 北海道銘木市~5月29日開催 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 売れ行き好調・・・年度最終の銘木市 | トップページ | 北海道銘木市~5月29日開催 »