« 北海道銘木市~5月29日開催 | トップページ | 「北の森づくり専門学院」 »

2020年6月 8日 (月)

銘木市も「コロナ」の波及・・・投票方式で実施へ

5月29日に行われた旭川林産協同組合主催の第436回銘木市売。コロナウイルスの影響が遂に市売事業にも波及。

恒例の集札・読み上げ方式を急遽特例的に改め、736物件の展示材を100物件単位の入札箱を設置。

指定時間までに札を投じてもらう方法で対処した。

Photo_20200608021401展示会場 

 

Photo_20200608021402応札は実行委員全員の手作業で

 

 

指定時間で応札を締め切り、市売実行委員会の全委員で髙橋秀樹理事長現場監督のもと、開札作業が行われる異例の

形がとられた。

 

結果は以下の通りであるが、時期が時期だけに数量が607㎥に留まったこともあって作業は順調に進んだ。

ダウンロード - 5e69c88e38080e8a1a8efbc91.jpg

ダウンロード - 5e69c88e38080e8a1a8efbc92.jpg

ダウンロード - efbc95e69c88e8a1a8efbc93.jpg

 

« 北海道銘木市~5月29日開催 | トップページ | 「北の森づくり専門学院」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北海道銘木市~5月29日開催 | トップページ | 「北の森づくり専門学院」 »