« 心癒される「緑」の共演 | トップページ | 北海道銘木9月市開催 »

2020年6月29日 (月)

6月の北海道銘木市 平均単価45,214円の善戦

コロナの影響から前月同様、設定期間内の入札方式で行われた第437回北海道銘木市(主催・旭川林産協同組合)。

時節反映で展示材は452㎥。

 

空知、上川北部、上川中部、網走中部、十勝東部森林管理署からの官材79㎥。

ロシアタモを中心にした外材比率が24.3%と高く、タモの総平均単価81,718円に反映したか。

オーストリアナラの大径材も目を引いた。

 

銘木市ではその昔、頻繁に展示あったタモ、ニレの神代。それが腰板と床にふんだんに使用された旭川市台場の

北海道美術工芸館今も残る。今回道央地区で産出されたニレ神代(0.864㎥)の展示も、モノ珍しくの視線を集めたが、

結果は4万円元落だった。  

 

  Dscn7914-2展示会場

Dscn7917-2珍木のニレ神代 

 

 

2_20200629094901開札集計作業の模様

入札は4日間の期間設定で随時入札方式。

開札は最終日の午前10時から順次銘木会館で髙橋秀樹理事長立ち合いのなか、実行委員会のメンバーによって順次

開札、集計作業が行われた。

 

 

結果は下記クリックで、ご覧いただきたい。

ダウンロード - efbc96e69c88e8a1a8efbc91.jpg

ダウンロード - 6e69c88e8a1a8efbc92.jpg

 

道外企業の取得状況

 近畿、中部、北陸3地区で51㎥(全体の14%)。

 金額で512万円(全体の31%)。

 単価99,226円

 

最終の落札状況・・・総体の元落率 19.3%

 ナラ          2.5%

ザツカバ     2.9%

メジロカバ  6.5%

 3樹種の売れ行きは良好で、元は僅か。  

タモ, ニレは6割前後、セン、シナは2割台の元落と高かった。

« 心癒される「緑」の共演 | トップページ | 北海道銘木9月市開催 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 心癒される「緑」の共演 | トップページ | 北海道銘木9月市開催 »