« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »

2021年10月

2021年10月24日 (日)

北海道銘木市売10月市~主役のナラ、タモ、メジロほぼ完売

旭川林産協同組合(髙橋秀樹理事長)主催の第449回銘木市。今回の10月市は前月市同様に売れ行き順調の展開。

手持ち不十分の現状が反映した格好で、積極買いの意欲がうかがえ、総平均単価は41,471円となった。

 

十勝方面からの出品材マカバの良材は、77万円超えの最高値。ナラは平均単価6万円と安定値の終始。

メジロも良好な売れ行き。最終的に売上高に占める比率はナラが42%、メジロ13%。この2樹種で55%と主役を見せた。

 

道外企業の取得は、材積で9%の49㎥。金額では15.5%の355万円強。その単価は72,043円。

 

結果は下記クリック。

ダウンロード - 10soukatu.xls

ダウンロード - 10saitaka.xls

ダウンロード - 10kaiage.xls

 

 

 

 

 

 

 

2021年10月18日 (月)

北海道銘木10月市売り

ダウンロード - 449meibokuiti.pdf

 

旭川林産協同組合(髙橋秀樹理事長)主催・第449回北海道銘木市が10月19日から22日の期間、旭川市永山の

銘木会館構内に展示して行われる。

 

入札はコロナの関係考慮で4日間の展示を行い、この期間中随時入札の形式。

ただし、最終日の22日は午前10時で締め切りとし、直ちに理事長はじめ市売り実行委員会メンバーによって開札集計される。

 

展示材は総量・・・557.655㎥

マカバ、ナラ、メジロカバ、イタヤに良質材あり。

外材は米材など3.2%。

国有林の官材展示は223㎥。

   森林管理署別は 石狩73㎥、上川中部39㎥、十勝西部東大雪支署34㎥、十勝東部33㎥、日高北部31㎥

           上川南部13㎥、上川北部10㎥。

 

 

 

 

 

 

 

 

« 2021年9月 | トップページ | 2021年11月 »