« 北海道銘木市~2月25日開催 | トップページ | 樹木の「はちみつ」 »

2022年3月10日 (木)

銘木市元気にほぼ完売

旭川で開催される北海道銘木市(旭川林産協同組合主催)。

2月下旬開催市も1.1%の僅かな元落ち。ほぼ完売状態だった。冬の新鮮材は広葉樹仕入れの絶好の機会となる。

 

展示材は

 *単椪物件~ナラが最多で 36%(687㎥)、次いでメジロカバ16%(300㎥)、ほかタモ、セン、シナなど35樹種の 1,918㎥。

 *ロット物件510㎥。

総平均単価55,212円で1億3,255万円の売上高。

1_20220310220101第一展示場

 

Photo_20220310220101第二展示場

 

市売り結果の概要は、下記をクリック。

ダウンロード - efbc92e69c88e7b78fe68bac.xls

ダウンロード - efbc92e69c88e69c80e9ab98e580a4.xls

ダウンロード - 2e69c88e8b2b7e4b88ae4b889e7a4be.xls

 

Photo_20220310221001ナラ(3m×50㎝)最高値367,900円

 

次回3月市は25日開催される。

 

« 北海道銘木市~2月25日開催 | トップページ | 樹木の「はちみつ」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 北海道銘木市~2月25日開催 | トップページ | 樹木の「はちみつ」 »