銘木市

2020年1月20日 (月)

北海道銘木~ハイライト市・1月24日開催

旭川林産協同組合(髙橋秀樹理事長)主催の「北海道産銘木市」。

冬場に伐採の新材は、材質的に最良質材として買い意欲高まる時期。特に今月24日に開催される1月市には、注目の東京大学演習林からのマカバ(ウダイカンバ)、センの別格級の良材が展示される注目の市売。道外からも突板メーカーなど多くの木材企業関係者が集う。

旭川市永山の銘木会館で、朝8時開始の午後2時頃終了予定。

 

出品総量は2,317m3。内訳は

東京大学演習林材 46m3, 国有林は7森林管理署・日高北部署128m3, 十勝東部署105m3, 上川南部署59m3,

 ほか石狩署、上川中部署、上川北部署、網走中部署からの出品。置戸町役場から6m3。

特徴は官材にマカバ、セン、ナラ、イタヤ、シナ、メジロカバの良材、民材もマカバ、メジロ、イタヤ、シナの良材が注目される。

 

展示材の詳細は下記をクリック

ダウンロード - 432meibokuiti.pdf

 

 

 

 

 

 

2019年12月18日 (水)

北海道銘木市・・・新鮮材に買い意欲顕著

旭川林産協同組合主催の431回「銘木市」。

新鮮材主体からナラ、ニレ、クルミ、カツラ、アサダ、シナ、メジロカバ等が完売または完売近い状況で、

全体の元落率は2.1%の低率。積極買い意欲で盛り上がりを見せた。

 

Dscn7595-2第一展示場

 

Dscn7600-2第二展示場

 

時季相応に良質材という特徴が買い意欲を刺激した形の今回の結果は、次回1月市にも反映が期待大。

特徴となった低元落率を樹種別に見ると

タモ3%、  マカバ11.7%、  セン6%、  ナラ0%、ニレ1.2%、キハダ7.1%

クルミ1.6%、アサダ0%、ホホ3.3%、エンジュ3.4%、カツラ0%、ザツカバ2.8%

イタヤ0.4%、シナ1.8%、メジロカバ2.8%など。

 

 

291900-2タモ最高値材

501100セン最高値材

 

<市売り結果の概要>

12

122

ダウンロード - e69c80e9ab98e580a4.jpg

ダウンロード - e59cb0e59f9fe588a5.jpg

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

22222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222222

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019年12月 7日 (土)

銘木の師走市12月13日開催・・・セン、メジロに良材

旭川林産協同組合(髙橋秀樹理事長)主催「第431回北海道銘木市」。

2,000㎥の丸太を展示して、12月13日午前8時から市内永山の銘木会館で開催される。

 

全体の6.8%を占める外材の主体はロシアタモ。

国有林からの官材は、石狩森林管理署の185㎥はじめ十勝東部署の155㎥、日高北部署の135㎥

など8森林管理署で約760㎥が並ぶ。

 

特徴はセン、メジロの良材が注目点。

 

展示材の詳細は、下記クリック

ダウンロード - efbc94efbc93efbc91meibokuiti.pdf

 

 

2019年11月14日 (木)

北海道銘木市~良材含むタモ平均86,604円

11月8日に行われた第430回<北海道銘木市>・・・主催/旭川林産協同組合。

Photo_20191112120501細雪をかぶる展示材

Photo_20191112120502入札会場

 

国有林からの官材と民材(外材含む)合わせた総展示材は844㎥。

タモの「銅賞」物件が際立った今回市。その平均は86,604円の高値から、タモだけで1,427万円の売上に。

北見管内滝上町役場からのタモ出品も異色。

Photo_20191112123101タモ最高値の249,000円は、ダイゲン単板の落札

 

 

ナラ、ザツカバ、シナの3樹種は完売状態。ナラの平均単価39,223円は底堅い動き。

イチイ、セン、キハダ、シュリ、ウォールナットなどに元落ちがやや目立った。

 

市売結果の詳細は、下記添付からご覧いただきたい。

ダウンロード - soukatu.jpg

ダウンロード - tiikibetu.jpg

ダウンロード - saitakane.jpg

ダウンロード - kaiagesya.jpg

 

 

 

 

 

 

2019年11月 1日 (金)

北海道銘木市・・・11月8日開催

旭川林産協同組合主催の第430回北海道銘木市売が11月8日午前8時から

旭川銘木会館で開催される。

 

総出品量843.935㎥。

このうち国有林からの官材は132㎥。内訳は上川北部森林管理署47㎥、上川中部森林管理署33㎥

上川南部森林管理署15㎥、網走中部森林管理署21㎥、十勝東部森林管理署16㎥。

 

外材は全体の15.8%で、94㎥のタモのほかナラ、ウォールナット等。

 

官材のメジロカバ、民材のナラ、ウォールナットに良材あり。

イタヤは楽器用材、シナは合板適材を含む。

 

詳細は下記クリック・・・

ダウンロード - itiuri430.pdf

 

2019年10月15日 (火)

10月銘木市・・・平均単価23,445円、売上2,102万円

 

今月11日に開催された旭川林産協同組合主催の「第429回北海道銘木市」。

農作物の佳境に入った端境期さながらに、とは異にする林業の世界。

佳境は今少し先に。

 

Dscn7463-3

      第一展示場の民材

 

 

Dscn7476-4同 官材

 

 

 

Dscn7471-2

入札会場

 

 

今回も先月同様に時期相応の出品材展示で開催され、1,022.7㎥の展示材は12.3%の元落率で

896.7㎥の販売実績になった。

 

詳細は下記一覧表でご覧いただくが、特徴的なのがナラ丸太。

422㎥の出品ナラが0.1%元という結果は実質完売。

マカバ、セン、キハダのほか特にカバ系統は質的な面から1割弱のザツカバに比べて

メジロカバは4割強の元落となった。 

 

地域別で道外企業の取得量は

*名古屋を中心とする中部地区~89㎥(全体の10%)・単価31,329円・金額2,631千円

*大阪を中心とする近畿地区~38㎥(同4.3%)・単価46,713円・金額1,789千円

*北陸~7.3㎥(同0.85)・単価24,405円・金額179千円

 

ダウンロード - 1.10itihuyou.jpg

ダウンロード - 1.10nihyou.jpg

 

 

 

 

2019年9月17日 (火)

第428回北海道銘木市結果・・・売上平均単価20,805円

7,8月2か月の夏休みを挟んで再開された北海道銘木市(主催/旭川林産協同組合・髙橋秀樹理事長)。

  Dscn7399-2展示場

Dscn7380-2タモの良材も

Dscn7418-4 ブナ丸太を北海道に・・・ドイツの木材業者の姿も

 

 

Dscn7387-3

 

 

 

 

 

 

国有林の官材352㎥を含む総出品量871㎥(単椪728.8㎥、ロット椪142㎥)は、

例年同様に伐採時期反映でそれなりの品質原木だが、比較的伐採後日が浅いタモなど

めぼしい物件も含む展示場の下見には、応札者らの姿が少なくなかった。

 

ナラ(272㎥)、イチイ(16㎥)、ホホ(8㎥)の3樹種は完売乃至は完売近い売れ行き。

タモ(120㎥)、カツラ(7.7㎥)、メジロ(119㎥)は、いずれも1割程度の元落ち。まずまずの結果に。

 

最終的な元落率は13.4%。

 

結果概要は下記をクリック。

ダウンロード - e8a1a81.jpg

ダウンロード - e8a1a8efbc92.jpg

 

2019年9月 8日 (日)

夏休み明けの「銘木市」再開

7,8月と2か月間の夏休みだった北海道銘木市。

今月から再開される9月市が旭川市永山北1条10丁目の銘木会館で

午前8時から開催される。

 

展示原木は871㎥(前年同期976㎥)。

外材はロシアナラ、ウォールナットなど米材35㎥(全量対比4%)。

日高北部、十勝東部、上川中部、上川北部、上川南部、網走中部、空知の7森林管理署からの

国有林官材は352㎥(単椪245㎥、ロット椪103㎥)

 

<詳細>は下記をクリック

ダウンロード - 428itiuri.pdf

 

 

 

 

 

 

2019年7月 3日 (水)

427回北海道銘木6月市・・・時季反映の出来値23,010円

旭川林産協同組合主催の6月銘木市。

 Img_4421-3  

 

(画像:旭川林協提供)

 

 

出品材も時季反映の形で、総量955.8㎥。

内訳は官材(国有林)が石狩、空知、上川中部、十勝東部の4森林管理署から243㎥と企業からの民材。

ナラに太目材あり、メジロカバに良材も含まれていたが、伐採からの経過を考えればそれなりの樹種別単価で推移。

 

タモの元落0.3%、メジロカバの1.1%、ニレの1.7%は完売といえる結果に。

センは18.8%,ナラ10.2%の元落ち。ザツかバ、イタヤ、シナは3%前後の元落と不調も低水準。

 

最終の結果詳細は、下記をクリック~

ダウンロード - itiuri201.jpg

ダウンロード - itiuri202.jpg

 

 

 

2019年6月14日 (金)

6月21日開催の「銘木市」・・・出品材は995㎥

夏休み7,8月を控えた「北海道産銘木市」。

その前の6月市が今月21日(金)、総量約995㎥を展示して旭川銘木会館で開催される。

出品丸太は石狩・空知・上川中部・十勝東部の4森林管理署からの官材243㎥、外材17㎥と民材。

 

その詳細は下記をクリック。

ダウンロード - 427itiuri.pdf

 

 

より以前の記事一覧